デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
スーパーの惣菜唐揚げ食べ比べ

西友/若鶏もも唐揚

西武線沿線で育ったので馴染みのあるスーパー。だけど気がついたら西武を離れてウォルマート傘下になっていた。西武からメジャーに渡った松坂のような存在である。

店内を歩いても雰囲気が完全に外国のスーパーでまだ違和感がある。お惣菜コーナーはあったけど唐揚げじゃなくて全部フライドチキンかも知れないと思った。


この看板が欧米でいうシンプルイズベストというやつだろうか
心配をよそに勘亭流で「手揉み揚」、まだ日本の血は残っていた

そんな異国の雰囲気の中、惣菜コーナーにはちゃんと唐揚げがあったし鮮魚コーナーでは刺身も売られていた。あたりまえだ。

洗剤コーナーにダウニーのばかでかいボトルが並んでいて怯むけど、その奥にソフランとか見つけると安心する。


見た目は大人しいのだが

肝心の唐揚げは、見た目はもも肉というより胸肉じゃないかと思うくらい大人しい。でも、口に入れた瞬間イメージがガラリと変わった。

表面はパリパリ、歯ごたえがあって、それでいて脂分もほどほど。味はにんにくの風味が強くて、しかもかなりスパイシー。見た目とは裏腹にすごく強く印象に残る。

後味がほんのり辛くて、やっぱりフライドチキンに近いと思った。これは江戸時代の国内にあった素材だけでは再現できない。外資の味だ。

この逸材はぜひ守護神として、キャッチャーミットに直球をずどんずどんと投げ込んでほしい。9人しかいないのに守護神だと先発不在を意味するけど。大丈夫かこのチーム。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.