デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
スーパーの惣菜唐揚げ食べ比べ

ライフ/若鶏ももジューシー唐揚げ

大人になるまで自分の生活圏になかったライフ。てっきり外資系かと思っていたら本拠地は大阪だった。

予備知識がないのでスーパーマーケット業界全体で見たときの位置づけがよく分からないけど、唐揚げの100g当たり178円という価格は庶民の味方。


このままヨーロッパの都市にあってもおかしくなくない?
敢えて「もも」「ジューシー」と入れて期待を煽る

迫り来るジューシー。唐揚げの売り場に置いてあったラジカセから「当店の唐揚げは特製のたまり醤油を使用し〜」と売り文句が流されていたほど、惣菜コーナーを牽引する主力商品らしい。「ローカロリー」「ローファット」な食品がもてはやされる昨今だが、惣菜コーナーにはそんな風を吹き飛ばす揺るぎない力がある。


宣伝文句に違わぬジューシーさ

外側の衣はぱりっとしているが、ひとくち噛んではっきり分かる肉の柔らかさ。そして中からにじみ出るうまい油。看板に偽りなしのジューシーさだ。

どちらかと言うと甘みが強く、というよりしょっぱさをほとんど感じない。とがっていなくて優しい味。ひょっとして、たとえばうどんの出汁やすき焼きの違いのように、唐揚げにも関西風の味つけがあるのだろうか。

野球に例えれば、地元関西への愛を胸に秘めつつ、柔らかい物腰で豪速球ピッチャーの球を飄々と打ち返す8番打者である(在京球団という設定)。いつも四ツ葉のクローバーを口にくわえている。

そしてこの時点で、スーパーによって唐揚げの味がぜんぜん違う、という事実も判明してテンションが上がった。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.