デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


土曜ワイド工場
 
お酢でふわふわにしてしまえ


ある日のことである。私はおでんを作っていた。
すべての具材を鍋に入れ、煮込むこと1時間。いいにおいがしてきたところで蓋をあけてみると、な、なんだこれは。おでんの具が、ちくわから、さつま揚げから、すべてふわふわになってだし汁から浮かび上がっているのだ。おでんって、こんな食べ物だったか?なにが彼らをこのような姿に。

田村 美葉



検証:おでん

仮説を検証するため、酢入りおでん製作工程を再現しよう。そもそも、なぜ酢がおでんに混入したかというと、それは田村家伝統のずぼらな性格に一因がある。


工程1:里芋をゆでる
工程2:その隙に、練り物を準備。油抜きをしたいので…

工程3:里芋もろとも、ゆで汁を上からかける。じゃー(なにか不都合なものが写ったわけではなく、湯気です)

坊ちゃんが親譲りの無鉄砲なら、私は親譲りの一挙両得派だ。両得どころか、常に濡れ手に粟を狙っている。そんなわけで、里芋の下茹で&練り物の油抜きを一挙にすませる、我ながらナイスなアイディアを思いついたものだと考えたのであるが、里芋の下茹で時に、ぬめり防止の酢を投入していたのだ。

 

おでんのふわふわ結果


これが

こうなった。こんにゃく、芋、大根の類はそのままで、ふわふわ勢がその上に完全に浮いてきている。

すべての具材が通常の1.2〜1.5倍程度にふくらみ、すわ濡れ手に粟到来か、と期待したところ、のびたちくわは、あまり美味しくはなかった。おでんにも「のびる」という概念があることを発見した、26歳の冬である。


ふわふわびっくり度:★★★★★
ふわふわの美味しさ貢献度:★☆☆☆☆

仮説どおり、「酢 ふわふわ」で検索すると、様々なふわふわ料理がヒット。
おでんは美味しさとしてイマイチであったが、ふわふわ歓迎の食べ物には、この手は使えるんじゃないだろうか。
私の好物2種でさらに実験を続けよう。

 

実験1:お好み焼き編

やってきたのは、実家(たまたま帰省しただけ)。田村家伝統の長芋入りお好み焼きで実験する。


工程1:薄力粉をふわふわと非ふわふわ用に同量用意する
工程2:ふわふわ用卵にのみ、酢を投入(小さじ1程度)

工程3:肉をのせ、焼く
工程4:裏返す。両親相手に「どっちがふわふわでしょう?」クイズをやろうとしたが、焼いている最中からさっそくばれる程度には違いが明白だった。

 

お好み焼きのふわふわ結果


かさが増したか?

  • 見た目はそれほど大差ないが、口に入れて一瞬でわかる程度に食感がちがう。
  • 酢のすっぱさは全くなく、味はおなじ。うまいぞこれは。
  • すごい!ほんとにふわふわ!(母)
  • どっちもうまい(父)

ふわふわびっくり度:★★★★☆
ふわふわの美味しさ貢献度:★★★★☆

 

実験2:ホットケーキ編

酢入りお好み焼きの評価の高さに気をよくし、翌日は、ふわふわ界の帝王、ホットケーキに戦いを挑んだ。


工程1:ホットケーキミックスを同量用意
工程2:ふわふわ用にのみ酢を投入(小さじ1程度)、よくまぜる

工程3:焼く
工程4:表面に穴があくまで待つ。非ふわふわ、穴あきすぎか?

 

ホットケーキのふわふわ結果


ふわふわ!
非ふわふわ!

ふっくら、したか?

  • 見た目はやはりそれほど大差はない。というより、どっちもわりとぺたんこじゃないだろうか、もう少しホットケーキふわふわ道について精進する必要があるだろう。
  • とはいうものの、やはり酢を投入したほうには食感にそれなりのホットケーキ感が演出できている。
  • こんなちょっと入れるだけなのに、全然ちがうね!今度からこうするわ〜(母)
  • ホットケーキがそんなに好きではなく昨日のお好み焼きの残りを食べているため評価なし(父)

ふわふわびっくり度:★★★☆☆
ふわふわの美味しさ貢献度:★★★☆☆

 

実験3:湯豆腐編

さて実家では、実験結果がひさしぶりの一家団欒の食卓を台無しにしかねなかったため、失敗しそうにないチョイスで臨んだのだが、年があらたまって最初の記事、このまま終わるわけにはいかないだろう。もっとスリリングで冒険味あふれるなにかを、ふわふわにしてしまおうではないか。
そこで選んだのは、湯豆腐。
湯豆腐で「すが立つ」といえば失敗の代表例。ふわふわ=空気がたくさん入ってすっかすかになったり、あるいは大爆発したり、するんじゃないか、ひょっとして(知識が足りないうえに、豆腐が爆発したところでそれほど冒険でもないけども)!


工程1:鍋に水、昆布、そして酢をダイレクトに投入
工程2:豆腐を投入

工程3:完成まで、湯豆腐ムービーをお楽しみください

 

湯豆腐の衝撃のふわふわ結果


ふわふわ
お、ふわふわだ!

非ふわふわ
ん、ふわふわ…?

  • 酢入りは箸で持ち上げても弾力があり、くずれなかった(気がする)
  • 酢入りのほうから食べたので、超ふわふわ!超うまい!と感動したけど、酢が入ってないほうも、そこそこふわふわでおいしかった。
  • こういう豆腐か?
  • 私もそろそろ、ホットケーキよりも湯豆腐のほうを真剣にうまいと感じる年頃のようだ

ふわふわびっくり度:☆☆☆☆☆
ふわふわの美味しさ貢献度:★★★★★(豆腐がうまい)

結論:どっちもおいしい

ふわふわの食べ物は美味しいということがわかり、ふわふわではない食べ物もそこそこおいしい、ということがわかった。
いやいや、それはそうなんだけども、お酢には他に、卵焼きや、納豆、はては洗濯物までふわふわにする効果があるということである。湯豆腐はちょっと本当に効果があるのかどうかあやしいのだが、とりあえず、私は今後湯豆腐をするときは酢を入れるようにしようと思う。そしてこの冬は湯豆腐をたくさん食べようと思う。

お好み焼きやホットケーキのふわふわ度も顔で表現しようとしていたところ、父の撮った写真が全てぶれていた。

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.