デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


年末年始とくべつ企画
 
エクセル起動で人生が変る(2010年総集編その4)
まとめたらなんだかわからない写真になってしまった。

編集部安藤です。2010年の記事の総集編、今日登場のライターは小柳健次郎、木村岳人、馬場吉成、加藤まさゆき、T・斎藤、小野法師丸、地主恵亮、安藤昌教です。全般的におっさんですが許して下さい。

デイリーポータルZ編集部/安藤昌教

 


自信があるのはゴリラ部分。「顔認識機能にゴリラと認められたい」より
子供の視線が痛かった。 「世界一長い髪はどれくらい大変か」より
そういえば終電をはさんで3時間半くらい乗り換え待ちしたりもしましたね。「新宿から新横浜まで4時間半かけて行く」より

小柳健次郎

自信がある記事
顔認識機能にゴリラと認められたい

ゴリラと認められたいという企画自体はうまくいきませんでしたが、記事中にゴリラの写真をたくさん載せられたので満足度が高いです。

つまり自信があるのはゴリラ部分だけです。ゴリラの顔に自信があります。2011年も自信満々にゴリラでいきたいと思います。

記憶に残っている記事
世界一長い髪はどれくらい大変か

とにかく作るのもかぶるのも撮影するのも大変でした。また撮影後の不要さも半端なく、かといって捨てるのももったいないので数ヶ月部屋に置きっぱなしにしていたら異臭がしてきました。カツラとは言ってもそこら辺は本物の髪と同じだったのかもしれません。

−−−世界一長い髪の撮影には僕も付き合わせてもらったんですが、あのあたりって小柳さんの学校の近くじゃないですか。友達に見られたりしていなかったですか?

(小柳)友達いないのでその心配は一切ありませんでした。

というよりあんなことしてるから友達がいないのかもしれないですね。これからも一人であんなことばかりやっていこうと思います。

−−−小柳さんといえばゴリラ(いい意味で)なわけですが、どうでしょう、2011年にブレイクしそうなゴリラとかいますか?

ゴリラにはブレイクするとか落ち目になるとか、そういう人間界の俗事とは無関係なので特にいません。

仮にゴリラが48人のアイドルグループを作ったら、48人等しく大人気になるでしょうしね。

−−−年明け一発目の記事案があれば教えて下さい

日本列島がブーメランの形に見えたので、列島の形に切り抜いた紙をブーメランのように飛ばしてみる企画を考えています。

うまく飛べばいいのですが、ちっとも飛ばずボテッと落ちると新年早々縁起が悪いためなかったことにするかもしれませんが。


やはり本人のは美しい、木村ポーズ。「河口から源流へ、四万十川を遡る」より
このトマトがものすごくうまそうだった。
いつも木村さんのシンプルな部屋が気になります。「ハサミで料理、一週間」より
古墳の前でワインを飲む木村さん。「赤玉ワインに合うジュース調べ in 遺跡」より

木村岳人

自信がある記事
河口から源流へ、四万十川を遡る

四万十川を河口から遡るのは昔からの夢でしたが、車が無いと厳しいだろうと半ば諦めていました。

が、できちゃうもんですね。河口から源流付近までレンタサイクル、鉄道、バスで到達可能だと知った時は、歯車がカチっと噛み合ったようで気持ち良かったです。

途中で雨に降られた際、望遠レンズが水没してカメラに認識されなくなり、落ち込んだのも今では良い思い出です(レンズはしばらくの間、陰干したら復活しました)。

記憶に残っている記事
ハサミで料理、一週間

スーパーの半額弁当ばかり買い漁っていた日々から、脱却するきっかけとなった思い入れの深い記事です。料理を作るってのは、生活を豊かにするものですなぁ。

ちなみに、現在もまだ包丁を買っておらず、ずっとハサミだけで調理しています。食卓はコタツに進化しましたが。最近、ハサミの切れ味が悪くなってきたので、やっぱり包丁を買うべきですかなぁ。

−−−四万十川は見てる方は和んだんですが、取材たいへんそうでしたよね

(木村)一日目の自転車50kmが一番きつかったですね。他の日は曇りがちだったのに対し、この日は一日中太陽が出ていましたから。この日だけで顔が黒く焼け、体力も使い果たしました。

食事がウイダーインゼリーだけってのもきつかったですが、いかんせん、まったく食欲が湧かなかったもので。

−−−今も料理していますか?

今でも料理は続けていますよ。しかし、いまだ包丁を購入してはいないので、やはりハサミを使っています。

−−−ハサミで作る得意な料理ってありますか

毎日ハサミで凝った料理を作るのはさすがに難儀ですので、必然的にハサミで切りやすい葉野菜ばかり使うようになってしまいました。一汁一菜の禅僧みたいな食事を取る毎日です。

そろそろ本気で包丁の購入を検討したいところですが、もう 、こうなったらハサミだけでもいいじゃん!という囁きが耳の 側から聞こえてくるのもまた事実。悩むところです。

−−−年明け一発目の記事案があれば教えて下さい

久しぶりに実家の神奈川県綾瀬市に来ているので何かやって帰りたいです。

神奈川県のど真ん中にある、知る人ぞ知る(ほとんどの人は知らない)綾瀬市を、世に知らしめる何かを。

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.