デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
14年で東京のトイレは変わったのか

田町は線路が見えた

田町には東京トイレマップを作ったときに勤めていた会社があった。会社で嫌なことがあっても帰りにトイレの写真を撮ってサイトを更新すると楽しい気分になった。

田町 1996年の記述
総合評価 ★★
清潔さ ★★
広さ
混雑度
なし
乗降客の多さのわりには小規模のトイレです。小便器は3つで個室は2つ、だったと思う。でも小便器の上に窓があり、たいてい開いているので山手線を眺めながら小便できる。

短い。80文字だ。いまだったらツイッターですむ。本文にあるとおり、おしっこしながら線路が見えるという作りになっていた。

さて14年後である。

 

2010年の田町駅

田町駅は改築されてトイレの数も増えて場所も変わっていた。別の駅のようになっている。

明るい。ただ便器のまえの窓はなくなっていた
奥の窓からかろうじて線路が見えた

窓の位置さえ違えど線路が見えるのは田町駅トイレの伝統だろうか。線路が見えることでああここは田町じゃないかと気づかされる。

14年前の写真と見比べてください

個室もきれい。トイレットペーパーが紙テープのように出ているが、それはたまたま前の人がそうだっただけである。

日本人のマナーが向上したのか、汚れにくい便器が発明されたのか、こまめに掃除をするようになったのか。

そして落書きもないのだ。落書しにくい壁が発明されたのかもしれないし、文字を書きながら排便することができなくなったのかもしれない。


< 品川 △いちらんへ 東京 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.