デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ



コラボ企画
 
ローソンの空き箱でエヴァンゲリオンを作る

エヴァはすごい

ローソンが4月27日からエヴァンゲリオンのキャンペーンを始めた。その中の一つに24週間毎週Loppiでエヴァの待ち受けを配布するというものがある。

これはきょうから2ヶ月間、待ち受けをもらいに行くローソンコラボ企画の第1回目だ。しかし、待ち受けをもらうだけではつまらない。ついでに何か買い物をして、その空き箱で「エヴァンゲリオン」を作るのはどうだろう。

しかもエヴァを作るにあたってうってつけのイベントがあった。箱根に80mのエヴァが登場するのだ。(地主 恵亮

>> ローソン エヴァンゲリオンキャンペーン

※記事中にある箱根でのARエヴァンゲリオン出現プロジェクト、箱根仙石原店ジャック企画は終了しました


まずは本物のエヴァを見る

そもそもエヴァンゲリオンとは、1995年に放送されたロボットアニメだ。ものすごいブームになったけれど、その当時の僕は鹿児島に住む小学生でそのブームには乗れなかった。川で魚を釣ったり、無駄に走りまわるのに忙しかったのだ。しかし、2007年に公開された新劇場版のエヴァは映画館に見に行った。とても面白かった。


これがエヴァンゲリオンです

今回ローソンが行うエヴァンゲリオンキャンペーンは、携帯の待ち受けや、オリジナル商品などいろいろあるが、目玉は箱根での「ARエヴァンゲリオン出現」だろう。なんだかパチンコ台のような響きだけれど全然違う。まずはこれを見に行かなければ。


ということで、小田原に来ました

僕が「CR」と間違えた「AR」とは拡張現実というもので、iPhoneを特定の位置でかざすとエヴァンゲリオンが出現するというものだ。先に結論を書くとこれがすごく面白かった。しかし、箱根は僕の家からは遠かった。雨も降っていた。一緒に見に行った当サイトのWebマスター林さんはバスに乗り遅れそうで走り息を切らせていた。


小田原から乗ったバスの中で息を切らせていた林さん


ワクワクの道中

iPhoneにARのアプリを入れるとエヴァンゲリオンまでの距離と方向を示す矢印が画面に出る。これがワクワクして楽しい。宝探しのようだ。そして、多くの人がこれを楽しく思ったのだろう。ARのイベントは5月17日まで続く予定ではあったが、人が来すぎて僅か3日間で終わってしまった。僕らが行ったのは初日だったのでとてもラッキーだった。


未来の宝の地図みたい

「仙石案内所前」というバス停で降り、エヴァが出現する「旧仙原中学校」を目指す。iPhoneの矢印を信じて向かえばいいが、なんとなく「旧仙原中学校はどこですか?」と案内所で聞いたら、「あ、エヴァ見に行くの」と当たり前のように言われた。よっぽど熱心なファンだと思われたようだ。


道を聞く


エヴァはどこだ!

なんとなく道を聞いて後は矢印に従い、雨の中エヴァを目指す。ゴミの前で、建物の前で「あれ、エヴァじゃない」みたいな会話をして楽しかったのだけれど、今思えばそうでもない。現地ならではの楽しみだ。


「エヴァだ!」

「エヴァだ!」

そんな現地トークをしながら目的地の「旧仙原中学校」についた。一番乗りに近かった。まさか人が押し寄せすぎて中止になるなんて、この時点では微塵も思わなかった。


喜びのジャンプ!

エヴァ出現! >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.