デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
縄文人はマックユーザー

退職金700万円をつぎこんで縄文生活スタート


いきなりぶっ倒れそうになるほどキョーレツな写真にヤラれてしまいましたが、そもそもどうしてこんな縄文人の生活をはじめようと思ったんでしょうか。

考古学好きだった父親の影響で、子供の頃から土器のかけらなどを集めるのが好きだったというおっちゃん。それでも普通に会社に就職して働いていたのですが、父親が亡くなったことをきっかけに考古学熱が再燃。古代の人たちの生活について色々と調べるようになり、遂には

「縄文人にならなきゃ縄文時代のことは分からん!」

と思い立って、勤めていた会社を55才で早期退職。その退職金700万円を突っ込んでカヤぶきのたて穴式住居を建てて縄文生活をスタートさせてしまったんだとか。


縄文生活をはじめたばかりの頃の写真。まだヒゲも薄い!

--たて穴式住居って建てるのに700万円もかかるんですか!?

「ちゃんとしたカヤぶきにしたかったんだけど、今はもうカヤぶきが出来る人って全然いないのよ。だから伊勢神宮も手がけた有名な職人さんに頼んだんでそんなにかかっちゃった。でも縄文生活をはじめてからは全然お金使わんからな」

--しかし、そんなことに退職金を使っちゃって奥さんは怒ったでしょう。

「そりゃ怒ってたなぁ……。でも、あらかじめ会社に話つけといて、退職金はボクに直接入るようになってたんでな。お金さえ握っちゃえばこっちのもんだから(笑)」

思い立ったら一直線というかなんというか……。そのすさまじいまでの行動力には頭が下がりますが、奥さんの立場だったら、夫がいきなり「縄文人になる」と言い出して、しかも退職金をたて穴式住居に全部つぎこまれたら……たまったもんじゃないですよね。

超嬉しそうに縄文生活について語るおっちゃん。この笑顔の裏で、奥さんは相当ブルーな気持ちになっていたと思いますが……

家族からの差し入れ弁当は捨てていた


なにはともあれ、700万円也でたて穴式住居をゲットしたおっちゃん。そうなると次に必要になってくるのは当然食べ物。

縄文時代の日本ではまだ農耕文化ははじまっていなかったので、狩りをして食料を手に入れなければなりません。


おっちゃんの父親が描いた、原始人が狩りをしている絵。こういうところからも影響を受けているんでしょうか

おっちゃんの場合は研究のために古代米を若干栽培していたようなんですが、それ以外は基本狩猟で食料をゲットしていたとのこと。

石ヤリや弓矢を持って山を駆け巡り獣を狩るおっちゃん……本当の縄文時代、もしくはモンスターハンターの世界なら違和感ないですけど、今は平成の世ですからね。

いくら山といっても、畑はあるし民家もそれなりにあります。そんなところに、血だらけになった獣をかつぎ、歓喜の雄叫びをあげてるおっちゃんが現れたら……ビックリして腰抜かしちゃうよなぁ。

それにしても、いくら田舎だからって今の日本でそうそう獣なんて狩れないんじゃないでしょうか。

「狩れる狩れる、ウサギとかシカとか……。イノシシみたいな大物を捕まえたらもう嬉しくてな。燻製にして保存しておくんだけど、デカいイノシシだったら数ヶ月は食っていけるから。山で採れる木の実や草も食ってたし、あんまり食べ物には困らなかったな」

食糧自給率の低さが長いこと問題となっている日本ですが、意外と野山で食料が手に入るんですねぇ。

それでもやはり家族からすると心配で心配で、時々お弁当を作って持ってきてくれていたそうです。

「今だから言えるけどあの弁当、全部捨ててたの。申し訳ないし、もったいないとは思ったけど、現代の化学調味料で味付けされた料理なんて食っちゃったら、大して味付けもされていない獣の肉なんて食えなくなっちゃうもん」

ボクの感覚からすると、いくら縄文生活してるとはいえ、たまには現代の食べ物を食べたっていいんじゃ……と思っちゃいますが、現代の味を思い出してしまったらもう縄文時代の味には戻れないから食べないという。

この辺は実際にやった人にしか分からないことなんでしょうね。

「まあ、現代人の舌は贅沢になりすぎだな。あの店が美味しい、この店が美味しいって……。ボクなんか今、なに食べても美味しいもん。それに縄文生活をしていた時は腹が減ったら狩りに行かなきゃならなかったけど、今はそんなことしなくても食事をすることが出来る。こんな幸せなことはないな」


食べ終わった獣の皮は服や布団代わりに、骨と角からは鏃(やじり)を作るなど、縄文人は命を無駄にはしません

--お風呂なんかはどうしてたんですか?

「縄文時代にはお風呂なんかないからな、暖かい時期は川入ってたよ。でも明るいうちに川で素っ裸になってると近所の人たちがイヤがるから、夜になってから。冬場はさすがに川じゃ寒いから、お湯を沸かしてタオルで体だけ拭いてな」

タオルってアンタ……縄文生活じゃないんかい!?

ここのおっちゃん、縄文生活をしていた頃の写真を見てもチョイチョイ「アレッ?」ってものが写り込んでたりするんですよね。

明らかにシャツ着てます、コレ。さらには……

--この写真、自転車乗ってますよね。

「うん、狩りに行くのにラクなんだわ」

--……。

家族からの弁当はかたくなに食べないけど、自転車に乗るのはオッケーという、おっちゃんの中での縄文人の基準が全く分かりませんが……。まあ、それくらいユルーくやってたからこそ20年間つづけられたのかもしれませんね。

次のページでは縄文人の概念を完全に覆すすごいものが登場しちゃいますよ!


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.