デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
りっぱになったねえ…大橋ジャンクション


一同、消音装置に見入ります。

じぶんの娘がいよいよ嫁入りのときの父親の心境ってこんなだろうか。もちろんぼくには娘などいないが、っていうか結婚してないし、っていうかその気配もないし、っていうか…

いや、こんな個人的な愚痴をいいたいんじゃなかった。東京の愛娘、大橋ジャンクションがいよいよ供用開始を間近に控えているのを見にいった、という話だ。またもや。

大山 顕



ちょうど一年前にご紹介したこのかっこいい姿がどうなったか、という話。

まいどすまん

東京は渋谷でものすごいかっこいいことが起こっている、という話はすでに4回ほど申し上げている。

みんなで建設中のジャンクション鑑賞
800tクレーンの架設工事に興奮
工事中の山手トンネルを見てきた
あのすごいジャンクションをふたたびみんなで鑑賞

今回はその後、いよいよ工事中が工事中でなくなるぞ、という話だ。おなじ大橋ジャンクションの話ばかりですまん。いやでもほら、好きな娘の話はなんどでものろけたいものじゃないですか。まあ、きく方はたまったもんじゃないでしょうけど。

いやだからそういう娘がいないってのが目下のぼくの問題で、ってその愚痴はもういいか。


大橋ジャンクションのループ部の外観。もう外見てきには出来上がっています。

今回参加したのは「首都高講座"山手トンネルプレミアムバスツアー"」という催し。上の写真の大橋ジャンクション内部と屋上に加え、接続している開通前の山手トンネルをいちはやく体験できるというもの。プレミアムの名に偽りなし。


かっこいいジャンクションループ内に鮮やかすぎるカラーリングのバス。
幸運なツアー当選者たちがいまやおそしと出発を待つ。

今回のこのツアーは平日に開催された。こういうときだけはほんと会社員じゃなくてよかったと思う。こういうときだけだけどな。

当初募集定員は50人だったのだそうだが、応募が500人を越えたため、バスを追加して70名あまりでの開催となったという。みんな、仕事はどうした。

 

すっかり成長した娘よ

バスで到着したのは大橋ジャンクションから山手トンネルをすこし先のほうへいったところ。ここからの眺めが感慨深い。すっかり育っちゃって…


各種設備も付き、あとは白粉(路面の白線とか)を塗るだけの状態。嫁入りカウントダウン。マジで嫁入り1ヶ月前。

正確に同じ場所ではないが、前回きたときはまだこんなにあどけない姿だったのに…

さらにそのまえ、3年前に訪れたときはまだよちよちあるきのシールドマシンだった。

まあ、ぼくはたまたま数回建設プロセスを拝見したというだけなのだけど。さぞかし現場の方々は感慨深いだろうと思う。

そして、ここで早々とライスシャワーが披露された。

 

 

すさまじいライスシャワー

なにがどうライスシャワーなのかというと、トンネル内の消火(厳密には消し止めるというよりは延焼防止的な意味合いだそうですが)設備を披露していただいたのです。これがすごかった。


トンネル内各所にある消火設備。かっこいい!

おめでとう!
すごい勢い。

いきおいを知ってもらおうと首都高の方が実験台となってライスシャワーの中に佇んだ。びしょびしょ。

あとでご紹介する換気設備やこの消火設備など、ここ山手トンネルおよび大橋ジャンクションの防災、環境配慮は徹底していて感心した。

あと、そのすごさを説明すべく豪雨のなかに佇む首都高の方にも感心した。

というか、その実感させ方はどうなんだ。あれか、台風接近のときわざわざ港から中継する、あれみたいなものか。

とはいえ、ぼくもちょっと佇んでみたいなーと思った。そうしたら、バスの中から体験させてもらうことに!すばらしい。


放水開始!
おー

ふつうに豪雨です
ざわめく車内。

トンネル内びしょびしょです。

印象的だったのは、車内から「放水の様子をじっくり眺めたいから車内の電気消してください!」という声が上がったこと。マニアック!

さて、このあと、ちょうかっこいい換気設備と屋上へ!


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.