デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
いろいろなパンを揚げパンにしてみる

コッペパン


山崎製パン株式会社:コッペパンつぶあん&マーガリン

最後は初心に帰って、コッペパンの揚げパンで締めたいと思う。ただ、普通のコッペパンだとつまらないので、間につぶあんとマーガリンが挟まったものをチョイスしてみた。ジャムとかピーナッツが挟まっているものもあるけれど、昔からこれが一番好きだ。

コッペパンの揚げパンは間違いのないうまさだが、これには不安要素が二点あった。そのままだと天麩羅鍋に入らないため、半分に切る必要がある点、そして挟まっているマーガリンが溶けださないかという点だ。

このように不安はあるが、そこは野球でいったら先発ダルビッシュくらいに信頼を寄せているコッペパンだ。多少の問題があってもうまくまとめてくれるだろうと思って揚げたら、不安要素がそのまま表れる結果に。

二つにした切り口からは油がしみこみまくり、逆に挟まっていたマーガリンは熱で溶けて全部出て行ってしまった。マーガリンが出て、揚げ油が入ったので、計算上はイーブン、いってこい、というやつか。

恐る恐る食べてみると、揚げ油を吸いまくったパンは確かに油っこいのだが、それにあんこが加わると、中華料理の揚げ団子みたいで、味はそんなに悪くなかった。


揚げる前:67グラム。 揚げた後:93グラム。

おすすめ度:★★(5つが満点) 
油っこさ度:☆☆☆☆(5つが満点)


中華料理の最後に出てきたら、こういうものだと何も考えずに食べると思う。

揚げればいいってものじゃない

学生時代、夏休みにたっぷり日焼けをしてカッコよくなって二学期を迎えた人と、肌が赤くなってつらい思いをしただけの人がいただろう。ぼくは後者だ。

パンを揚げるとはそういうことだ。その味を大きく変えることができるが、日焼けが似合う人と似合わない人がいるように、揚げたパンがいつもおいしいとは限らない。

なかなかおもしろい実験だったので、これからは酔っぱらった席で「揚げておいしいパンって、なんだと思う?」と、隣の人に尋ねるようになると思います。

本当は最後に大好きなナイススティックを揚げようと思ったけれど、コッペパンと同じ結果になるのが見えていたので、そのまま食べた。

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.