デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
吐息でネット


さらに試行錯誤

続いて用意したのは、タミヤから発売されているプーリとモーターのキットだ。
風車の回転をモーターに伝えて発電してしようという試みである。


風車はこれを使う

とはいうものの、頭の中に具体的な設計図はない。
パッケージを開け、部品を見ながらあれこれと工夫した。


とりあえずモーターを固定して
あれこれ考えたが

プーリーをいくつか組み合わせて…と思ったのだが、結局モーターに直接プロペラを取り付けるのが一番効率よく回った。
新しい道具を作るにはこういう無駄な作業がつきものだが、作ろうという心に対しては大きな負担になる。
世の中の発明家たちはこの負担と戦っているのだろうが、僕はできれば避けたい。
なぜなら僕は発明家ではないからだ。


発電部分完成

充電用ケーブル

発電部分はとりあえずこれでいいとして、携帯電話に電気を流す方法を考えなければいけない。
吐息で風車を回したところ、ちゃんと電気は来ている。
しかし、最初に登場した手回し充電器の回路に配線しても、まったく充電される気配はない。
1時間くらい風車を吹いていたのだが、モーターの出力の違いなのか、うんともすんともいわないのである。


直接携帯につないでしまおうと
買ってきたケーブルを加工

また100円ショップに行って、携帯電話のコネクタを購入してきた。
これを加工してモーターと直結し、電気を供給しようと思ったのだが、これまたいくら吹いても携帯電話は充電されない。
試しにコネクタの先にテスターをつないでみたところ、なぜか電気が来ていないのだ。
接続はしっかりしているつもりなのだが、いくら試してもだめだ。
なぜだろう。
ケーブルに抵抗でも入っているんだろうか。
いろいろとやってみるも埒があかないので、別な方法に切り替えよう。


家にあった電池式充電器を分解して
モーターにつなぐ

電池式充電器を分解

もう買い物に出かけられる時間ではなくなっているので、家にあった電池を使った充電器を使ってみよう。
分解してみたところ、ただ電池から携帯に電線がつながっているわけではなくて、電子回路が組み込まれていた。
どういう役割の回路かわからないが、なんとなくいやな予感だ。


電池一本でも充電ランプは点く

ちなみに風車からの電流は1.5〜0.3ボルト


試しに電池を一本つないで携帯電話に接続すると、充電マークが点灯した。
風車を吹くと、最高で1.5ボルトくらいの電圧が出る。
乾電池と同じくらいの電圧なので、こんどこそ成功するのではないだろうか。



< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.