デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
できたての味の不思議・横浜銘菓工場見学

ありあけーのーハーバー♪

と聞くと、幼児期から小学校高学年までを神奈川で過ごした私などは瞬時によだれが出てくる。

横浜銘菓である「ありあけの横濱ハーバー」。このCMソングは、このごろまた東京でも聞くようになった。最近になって知った方も多いかもしれない。

今回、そんな銘菓の工場を見学させてもらうことになった。話によると出来たての味がちょっと不思議らしい。

(text by 古賀及子



まずは美味しさを知って欲しい

各地にいわゆる銘菓と呼ばれるものは数多くあって、それぞれの土地でそれぞれのお菓子が愛されていると思う。幼少期神奈川県民だった私にとってのその愛の対象が「ありあけの横濱ハーバー」(以下「ハーバー」)であった。

子どもの頃の味表現で言わせてもらうと、ただただ「すごいウマイ」のだ。

船のような形のしっとりふわっとした薄いカステラ生地の中に、洋風の栗餡が入っている。


これです!


この「洋風の栗餡」というのが非常にミソで、子ども心に和風の餡なのに洋菓子ってすごいと常々思っていた。

贈答品として食べられることの多いお菓子だけになかなか日々のおやつとして食べることがなく、誰かお客があったりするとお相伴でもらうことが多かった。そういうスペシャリティーも自分の中では思い出深い。

出来たての味がちょっと不思議、とは?

今回、縁あってこの「ハーバー」を製造販売する ありあけ社の方に会う機会があった。

元々この「ハーバー」に思い入れのあった私としては、これはぜひとも工場見学の様子を当サイトに取り上げさせて欲しい(ひいては、出来たてをぜひ食べさせて欲しい)!

本音丸出しでお願いしてみたのだった。すると。


こんなおいしいもん、どうやって作ってるのか、見たい!


「もちろん、いらしてください! でも、出来たてはそんなに美味しくないんですよ」

……え? 見学の快諾と一緒に、なんとも不思議なコメントを聞いてしまった。

あんなにおいしいのに、出来たてはそんなでもないって一体どういうことなのか。

「なんかこう、パサパサしているというか……」

……パサパサ?

「ハーバー」といえば、外はしっとり、中はホクっとした味が魅力。それが、パサパサ? しかも出来たてなのに?


こんなにしっとりなのに?! という驚きで再び断面の写真を!


信じられないので、この目で確かめます

正直、まるっきり信じられない。そんな気持ちと同時に「そりゃ、おもしろい」という気持ちも沸いた。

おいしいのに出来たてが美味しくないお菓子なんて、ちょっとニュースじゃないか。

おもしろいですよ! ぜひ記事にさせてください! と、いよいよ本当に工場へ乗り込ませてもらうことになったわけなのです。


興奮の工場見学へ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.