デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

新年スペシャル企画
 
お正月宇宙SF大作完成!

第4話


撮影現場から

甚平は乙幡さん、住さん、工藤さんから調達。

基本の三人が全員メガネだった

撮影に入ってから気づいたのだが、メインのユニットであるこの三人が全員メガネだった。これはやばいですぞ。ものすごく宇宙っぽくないですぞ。

この場面では三人とも甚平。甚平メガネ(ジンベイザメみたいなもの)。この甚平3つがなかなかそろわなくて困った(パチンコみたいな文章だ)。北村さんが記事で使って持ってるというので電話してみたら「袖やぶいたから捨てたんですよ」と言ってて笑った。

一応台本読み合わせをメインの三人で。これは斎藤さんの台本。こちらの注文をメモしてるのだが「悲しい犬」とは!

斎藤さんは初出演

斎藤さんが演技できるか不安だ、という話をしてたので撮影前には住・石川・斎藤のメイン三人で読みあわせをした。

僕が斎藤さんに期待していたのは「ひどい目に遭ったときの顔」なんだけども、斎藤さんにした注文は「悲しい犬」の顔でいろ、ということだったようだ。斎藤さんの台本に「悲しい犬」とメモされていて笑った。

この日、ロケ地である浜松のスケジュールを決めた。「うわ〜、うなぎ絶対食べに行きましょうね〜!」と言う斎藤さんに、若干の違和感をおぼえる。後にその不安は的中する。


制作日誌・その4


衣装小道具制作は全員×4日くらいやった。これは我が家がぐちゃぐちゃになっていく模様。

撮影が近づき焦りが高まる

もうあせるあせる。宇宙服の服部分はこちらで受け持ってせこせこ作る。ただ頭だけはどうやってやればいいのか見当もつかなかったので、乙幡さんに解決策をお願いした。

さあ後は色々作る。この辺は撮影の1週間前あたりで、衣装以外にやることが山積みで焦ってたことくらいしか覚えてない。

宇宙服は中に服を着込んでから防護着を着たらけっこうそれっぽく見えた。ただ、頭がないことにはどうにもならないし、このときはどうにかなるとも思えなかった。

(この辺は第8話以降の伏線になってます)

限界まで着込んで(ボリュームを出すため)、浮かれる人(無重力演技ができるかためしてもらった)。
鍋でもやって士気を高めるか、と誘ったが残ったのは藤原一人(実家住まい)。この後、ラストシーンのアイデアを考えてもらったのでありがたかった。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.