デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

新年スペシャル企画
 
お正月宇宙SF大作完成!

第2話


撮影現場から
「ホログラム林」という役名の林さん。ここの林さんはニフティで撮ってます。

みんな忙しい

これも最終日に撮った。家と出演者のスケジュールをあわせると、6時間×3日が家での撮影期間で、最終日はもう撮りまくった(カメラのファイルを見たらこの日150ショットくらいあってびっくりした)。

この日の林さんは朝から来て、地主くんが作ってくれたボロボロの衣装を着て「ちゃうちゃう」ってやってさっさと帰ってった。さすが師走。人のスケジュールがむちゃくちゃになる季節だ。

安藤さんの宇宙船は小柳くんとの悩みの種だったが、普通の家→新幹線→トラック→で、結局スワンボートになった。

外光が敵

上の写真を見ればわかるように、家の中が暗い。この窓が日当たり抜群なため、逆光で家の中が真っ暗になるんですな。

この部屋には天窓含めて窓がいくつもあって、住むには最高。SFは最低。というのも宇宙ものなので、外光があると「お昼っぽい」雰囲気になってしまうから。

撮影しに家に着いてやることは全部の窓を画用紙やカーテンで覆うこと。最終日にはすごい速さでやってたが、あれむだなスキルだったなあ。


制作日誌・その2


地主・藤原の若さと時間をもてあましはちきれんばかりのわがままなボディを持つ二人

仲間をあつめよう

「楽しよう」がテーマの私たちが次にやったのは仲間集め。CG合成、美術、衣装…大変そうなのはこの辺りか。

幸いCGに関しては専門学校に行ってる小柳くんがいるし、地主くんは美大の映像学科卒というし、藤原は永遠のひまを手にしている。たのもしいなあ。

そしてその思いはもろくも崩れる。地主・藤原・石川の衣装制作打ち合わせでは、全員のスキルと知識のなさを確認しただけで、なんにも決まらなかった。

そこに小柳くんから「12月23日に帰省するので撮影を早めて」の申し出が。待て小柳、クリスマスを実家で過ごして何になるというのだ。

石川くんが用意していた、藤原パソコンのイメージ図。なんかきもちわるいぞ。
小柳くんとの打ち合わせ時に、悪いと思ってコーヒー代出したら、「いやいやこっちが」と財布にある小銭を全部くれた(80円くらい)。おれは貯金箱じゃないんだぜ。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.