デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
揚げたてのポテトチップスは凄く美味しい

じんわり美味い


おぉ、ついに。

まだ味もついていない本当に揚げたてのままの状態のものを食べさせていただく。工場長があんなにハードルを上げて、記事でもここまで引っ張って大丈夫なのか、ポテトチップス。

バリバリッ

カラッと揚がったポテトを噛み締める。いつもと変わらぬ心地いい食感。味は、あれ、あんまり変わらない。


工場長の視線が痛い。


とりあえず何も言わずにもう一枚。

どう言おうか考えているうちに口の中に甘みが広がる。ジャガイモの風味が味わい深い。揚げた油がとても軽く、まろやかに旨みを追加している。あぁ、これ美味いわ。うん、美味い!

いつも食べているようなジャンクな美味しさではなく、じんわり感じる沁みる美味しさ。今まで感じたことが無いくらいジャガイモの味が、深く、濃い。これが一番ジャガイモの力を引き出せる調理法じゃなかろうか。

工場長「この状態が最高ですね。どれだけこれに近い状態でお客様の元へ届けるかですね」

 

分かりやすく美味い

更に続いては味付け後だ。あれに味がついちゃうのだ。


皆さんおなじみ「カラムーチョ」、これはどれだけ違うのか。


うはー!さっきとは違い、口に入れた瞬間から感じる衝撃的な美味さ。一瞬で「カラムーチョ」の味が広がり、噛んでいくごとにジャガイモの味と混じりあう。スパイスの香りは広がるけれど、トゲトゲした刺激は無く味そのものを引き立てる。それに揚げたての軽い油が絡むんですぞ!

これはお菓子じゃない。これは、料理だ。

 

味を変えても大事なのはポテトチップス自体

更に続いて「すっぱムーチョ」と、「コイケヤポテトチップス リッチコンソメ」。色んな味のポテトチップスが流れてきて、しかもそれが全て揚げたてだ。なんだ、これは、楽園か。


手前が「すっぱムーチョ」で奥が「リッチコンソメ」


もう書かなくても分かると思うが超美味い「すっぱムーチョ」が温かいとあまり酸味を感じなくてて甘く感じたことや、コンソメの旨みなど驚くところは多々あったが、結局感嘆するのはは揚げたてポテトの美味しさだ。

工場長「味付けを変えたりするんですけども結局はポテトチップス自体の美味しさが重要なんですよね」

 

シンデレラポテトプレス

揚げたての魔法のような味の時間はとても短い。撮影の為に持ってきたポテトチップスは10分もしたら冷めてしまっていた。


冒頭で美味しそうでしょう。とか書いたけど実は魔法は解けていた。


それを食べてみるとさっきまでの味が夢だったんじゃないかと思うほどいつもの味だった。10分以内の夢体験。揚げたてポテトチップスはシンデレラか。

逆に考えれば今まで揚げたて10分後と変わらぬ味をいろいろな技術によっていつでも食べれていたわけだ。それも凄いことだ。凄いついでに揚げたてまんまの味を食べられるようになるのを期待しよう。僕は食べたことありますけど(感じ悪い、俺)。

揚げたてのポテトチップスは本当に美味しかった。知ってる物でもちょっと違うとまるっきり違う物になる、揚げたてのポテトチップスの活き活きとした感じは先日結婚が決まった友達の事を思い出させた。

そうだ、いつものポテトチップスは普通の女の子で、揚げたては恋する乙女だ。

もちろん、書いている自分でもちょっとよく分からなくなっています。

工場に行くときの車窓の眺めが凄くよかった。


< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.