デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
超革命的なラーメン屋さん

謎が謎を呼ぶアルカリラーメン


……ということで、日を改めて(一日にそう何杯もラーメン食えないですから)編集部・石川さんと一緒に再びやって来ました!

今回食べたいと思っているのは、


「アルカリ、ジョロコン、ケンチャ」……この辺のラーメンは何が入っているのやら見当もつかないですからねぇ。

しかしこのうち「ジョロコン」と「ケンチャ」に関しては


自然薯&とろろ昆布ラーメン(それでジョロコンか……)と健茶ラーメンだということが判明。まあまあ想像のつくラーメンです。

となると気になるのは「アルカリ」。アルカリラーメンって一体何が入っているんでしょうか? おやじさんに聞いてもニヤニヤ笑うだけで教えてくれないんですよ。

「教えて下さいよー」としつこく食い下がると。


冷蔵庫を開けて何かを取り出すおやじ

ん!? 乾電池?


おやじ:アルカリ電池が入ってるんだよ。大きいのが大人用で小さいのが子供用ね!

--は!? アルカリ電池? そんなワケないでしょ!

おやじ:ピリピリして頭に刺激が来るっていうんで受験生がよく食べに来るんだよ。

あくまで「アルカリ電池が入っている」と言って譲らないおやじさん。それじゃあ作ってもらおうじゃないですか!


ほい、これがアルカリラーメン! ……って全然フツーじゃないの、どこにも電池なんて入っていませんよ。


目を引くところといったら、スープの中に梅干しを潰したのが入っていることくらい……。もしかして梅干しがアルカリ性食品、みたいなところからの「アルカリラーメン」なんでしょうか。


そうすることによって、肌が白くなったり、頭が良くなったりする効果があると、おやじさんは言うんですが……もうどこまで信じていいのか分からないです。

とりあえず食べてみると。


またこのアルカリラーメンが普通に美味しいんだ。ラーメンのスープと梅干しってものすごく合います!

最初は不安そうにしていた石川さんも「コレ、梅干しラーメンって名前にしたら絶対売れますよ!」とコーフン気味。

……うーん、でもわざわざついてきてもらって普通に美味しいラーメンを食べるだけじゃ申し訳ないんで、もっと攻撃的なラーメンを食べてもらいたいところです。

 

すごいカラーリングに悶絶!

やっぱりインパクトが強いのは「色」系のラーメンでしょう。その中でも一番想像のつかない「水色ラーメン」を注文してみました。


水色ラーメンも紫色ラーメンと同じく、紫キャベツを煮込んで色を取るんですが、さらにそこに牛乳を投下!


ああ〜、イイ感じに濁ってきました。クリアーでソリッドな紫色スープもヤバかったですが、不透明なこっちのスープもかなり衝撃的。

でもこれじゃただの薄紫色ラーメンじゃん……と思っていたら、おやじさんが何やら謎の物体をパパパッと混ぜ込んで、最終的に出来上がったのがこちら↓


ぐわっ! これはまごうことなき水色ラーメン。この世にこんな色の食べ物が存在しようとは!


麺もまた実にイイ色になっておりまして……。前衛芸術ですよ、もはや。


これくらい驚いてくれると、来てもらったかいがあるってもんです


しかし、さっきの薄紫からどうやってここまで水色にしたんでしょうか?


食用絵の具って!? ……本当に大丈夫なんですか?


ちなみにこの水色ラーメンのスープ、ちょっとした秘密がりまして。


こうやって酢をかけると……。


なんとピンク色に変わるんですよ!

そういや昔、理科の授業で紫キャベツ液に酸を入れると赤くなる……とかやってました。


スゲー面白いです……


さて、肝心の味なんですが、これまた全然普通! ほぼ紫色ラーメンと同じで塩ラーメンにキャベツを入れたような味なんですが、牛乳が加わっていることでさらにコクがあって美味しかったです。

ただ、石川さんが「意外と美味しいですね」と言いながら、水色ラーメンの方はあまり食べずに、アルカリラーメンばっかり食べていたのは見逃しませんでしたよ。


……まあ、コレを食べろって言われても……なかなかハードル高いですよね。

下町のアーティスト!

名前&見た目はかなりとんでもないラーメンばかりなんですが、そのどれもが結構美味しく仕上がっていて、ただふざけて作っているだけではない気合いを感じました。

「乳酸菌ラーメン」「ピザラーメン」など、様々な事情でクオリティをキープ出来なくなり、消えてしまった幻のメニューもあるとのことで、「バカバカしいけど美味しい」というこだわりを持って変ラーメンを作り続けているおやじさんは、真のアーティストと呼んでもいいんじゃないでしょうか。

今回は二日にわたって行ったんですが、まだまだ気になるラーメンてんこ盛りなので、今後をちょいちょい行ってさらなる変ラーメンを味わいたいと思います。

隣に座った女性が食べていた「納豆ラーメン」。これもかなり見た目はグッチャグチャですが、感想を聞いたところ「美味しいとしか言いようがない」とのこと

●楽食拉麺・菊や
東京都足立区千住大川町10-3
【電話】03-3888-5032
【営業時間】11:00〜15:00、17:00〜20:00
【定休日】月曜、木曜 ただしおやじの体調により不定期休業アリ


< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.