デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ロマンの木曜日
 
グッゲンハイム駐車場めぐり

身近な驚愕建造物、千葉そごうグッゲン

千葉駅前のそごうデパートの隣に建っている駐車場棟、通称オーロラモール。ここは17階建てのうち、1階から4階までが若者向けのファッション館、そしてなんと5階から17階までがすべて駐車場という驚愕のフロア構成。

グッゲンハイム駐車場についていろいろ調べるうち、どうやらここが関東地方のグッゲン物件の頂点なのではないかということが分かってきました。

なぜなら、とりあえず下の写真を見てみてください。


そごう千葉店と渡り廊下で結ばれる 5階から17階までがオーロラモール駐車場

そして、この巨大なオーロラモール駐車場の入口には、これまた巨大なグッゲンが建っているのです。


グッゲーン!!

これはものすごい物件です。直径もトラック用に負けていない大きさで、なぜならこのグッゲン、上りと下りが別々のらせんになっている、いわゆる2重らせん構造になっているのです。DNAかよ。

さらに、この外側のらせんを支えている壁の内側にもう一組の2重らせんがあるという、ちょっと言葉では説明できない設計がなされています。誰だ、こんなすごいものを作ってしまった天才は!

せっかく誰でも入れるグッゲン物件、外から眺めながら騒いでいても仕方ないので、駐車場に車を停めて、中から観察してみたいと思います。


オーロラモールの中にさらにグッゲン!? ここは軍艦島ですか

おかしい!入口のグッゲンをぐるぐる上って、途中からオーロラモールの建物に入ったのに、車を停めてみたら目の前に巨大なグッゲンが!

実はオーロラモールは一見ふつうのビルですが、なんと中心に巨大なグッゲンが立っていて、その周囲を六角形に取り囲んだ建物だったのです!

この周囲を取り囲む駐車場から見た光景は圧巻。これが工場でもなく廃墟でもなく、駅前のデパートの景色だとは信じられないハードコアなビルでした。

さらに目の前のグッゲンをよく見ると、こちらも外側のスロープを支えている壁の内側にもスロープが通っています!ということは、あのスロープに行くことができれば、17階建てという巨大グッゲンの中心部が見られるかも!


壁の向こうにもう1本スロープが!

と思ってよく観察すると、スロープの終点部分に車の入れないデッドスペースを発見。左右確認して車が来ないのを確かめつつ、壁の内側に入ってみました。

そこがまたすごい光景でした。


なんじゃこりゃあ!
溶鉱炉の中ってこんな感じじゃなかったっけ

円筒形の壁の内側には、スロープを支える基礎の部分がびっしりと生えていて、まるで溶鉱炉の中に入ってしまった気分です。あまりに現実離れした光景を目の前に、しばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。

下のほうに目をやると、2重らせん構造のスロープが下までぐるぐると伸びています。


いちおう車が通らない場所を渡って 車が入ってこない場所から撮影しています

2重らせんの証拠、真ん中の車の向きが逆なところに注目
平衡感覚が狂いそうな真下の光景

内側のスロープは10階までらしい もはや芸術作品だと思う

千葉駅周辺の人は、駅前のそごうに車で買い物に来るといつもこんなものすごい体験をしているわけで、正直本気で羨ましいと思いました。ものすごいグッゲンを体験したい方はぜひそごう千葉店に車で出かけるといいと思います。

では最後に、このオーロラモール駐車場から出るところを動画でお見せします。駐車場を出て、オーロラモール中のグッゲンを降り、料金所を通過したら外のグッゲンを降りるという、1度に両方のグッゲンを味わえます。途中の加速でカメラが上を向いてしまいますがご了承ください。


凝視していると酔うかも知れません

グッゲンツアーやりたい

さまざまなグッゲンハイム駐車場を見ましたが、ふだんちゃんと見たことがないぶん、見どころがいろいろあって楽しかったです。

外を撮ってもよし、下から見上げてもよし、上から見下ろしてもよしで、本当にフォトジェニックな建造物だと思います。

いつか倉庫の人やデパートの人にお願いして、もっと時間をかけてきちんと撮りたいと思うので、皆さんのまわりでステキなグッゲン情報ありましたら教えてください。

先日見かけた博多の駅前のもすごかった

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 
関連記事
螺旋階段を鑑賞する
駐車場ミステリーサークル
アクロバティックな駐車場の入り口

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.