デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

ひらめきの月曜日
 
気になるんだ洋服の日本語タグが
こういうの!

思いがあふれてタイトルが倒置法になってしまった今回である。洋服の日本語タグが気になる。ほら、ちょっと古い服にあると思うのだ。タグが日本語のやつが。

「女性自身」に「東京おしゃれ泥棒」……過去本当に目撃したことのあるタグだ。

フリーマーケットやバザーで見かけては気になっていた。日本語のタグをいっぱいいっぱい見て眺めたい! 古着店やリサイクルショップをめぐって探してきました。

(text by 古賀及子

だいたい洋服というものには横文字のタグがついている。ここが日本語のものを探したい!

女性自身は最近創刊50周年でロゴが変っていた(ちなみに本誌を買おうとしたんだけど、毎週火曜日発売だからか週末にはどこも売り切れ!)

殿(日本語というより中国のタグか)

日本語タグ、よくバザーで見かけるアレ

近所の教会や幼稚園で行われるような、地域の小さなバザーが大好きだ。いかにも個人の自宅に眠っていたような何十年も昔の家庭用雑貨や洋服がどうかと思うほどの低価格で並べられる。

フリーマーケットも好きだが、バザーの方が古いものの率は高いように思う(フリーマーケットでは、セミプロの骨董屋さんがビンテージグッズを並べたりしていて、そういうのはちょっと興ざめだったりする)。

そんなバザーでよく見かけるのが日本語が入ったタグのついた服、だ。たいてい、洋服にはノンブランドでも適当な欧文のタグがついているものだが、いかにも古そうな素材、懐かしい感じのデザインの服のタグに「えっ」と思うような日本語の単語や時に文章が縫い取られていることがあるのだ。

タグは機械で行ったらしい刺繍(というのだろうか? 縫い取りというのか)で文字が入っていることがほとんどなので、日本語もきれいに糸で縫い取られているのが見ていてグッとくる。タグひとつで服に面白みが加わる気がするのだ。

これまでのベスト日本語タグ

例えば、今まで私がバザーなどで見たけたなかで心ゆさぶられた和文タグにはこんなのがあった。

・女性自身(あの雑誌のロゴのまま!)
・ガキ大将が行く
・東京おしゃれ泥棒

ほんとに、こんな文章が服の襟の裏の、タグに縫い取られているのだよ。女性自身に関しては一体何があったのだろうと思った。「ELLE」みたいなもんか。

バザー会場で「おおっ」と思いながら、服自体に着るあてがなかったので買わなかったり、「女性自身」については実は購入したのだが(10円だったのだ)、結局着ずに5年後くらいにどこかへあげてしまった。せめて写真だけでも撮っておけばよかった。

そんなこんなで付かず離れずといった存在だった日本語タグであったが、先日、地区のリサイクルセンターが年に1度行うガレージセールで「殿」と書いてあるジャケットを見つけた。久しぶりに興奮したタグであった。

これをきっかけに、待っているだけじゃなくってこちらから本格的に日本語タグを捜索したい! と思うようになったのだった。


日本語タグにも色々ありまして

そんなわけで今日は古着店やリサイクルショップを巡って鋭意日本語のタグを探したい。

その前に一応はっきりさせておこうと思うのは、今回探すのはできれば古い服の日本語タグ! ということだ。実は、新しい服でもタグが日本語のもがある。

高級な国内デザイナーのミセス向けの服にはブランド名が日というパターンがままあって、そんな服は新しくてもタグは日本語だ。

さらに、若い人のおしゃれブランドにもわざと日本語というケースがある。そういえば、当サイトでも服がおしゃれな梅田さんが「泥棒日記」というタグのついた服を着ていた。


梅田さんに写真を撮ってもらった。襟の裏ではなく、ズボンのバックポケット脇のタグだが「泥棒日記」とある

泥棒日記ってそれはそれですごいが、今回はそういうのではなく、あくまでも古い服の日本語タグを探したいのだ。

不自然に長い前フリのわけ

さて、不自然に前フリが長いなあと思っている方もいるかもしれない。ばれてますよね! わざと明るく答えてみるが、これには実は訳があるのだ。

古いタグを探して、都内3ヶ所の大型古着店と6ヶ所の小さなリサイクルショップ(うち2軒は区営。区営のリサイクルショップはいい具合に古いものがよくに出る)、1ヶ所のフリーマーケットをまわったのだが、はかばかしい結果が得られなかったのである。

原稿を書くのは後にしてもっとお店をまわりたいという気持ちをおさえつつ、少ないながらの成果を発表させていただきます。


古着屋さんはオシャレ系よりも、リサイクルの意味あいが強い大型店を中心にめぐりました

公営系のリサイクルショップは古い服の掘り出し物が多いです。こちらは品川区が出しているお店


開催団体自体が出店するスペースが出てたりすると古い服がたくさん見つかるフリマ。残念ながら今回は収穫なしでした…

  「大地」に「音楽海岸」…い出よ、和文タグ! >
 


 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックエントリーNo.1いちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.