デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
街頭の温度計は正確か?
この温度は正確なのだろうか?

寒さが厳しいこの時期、通勤中などに街頭で表示されている温度計の数字を見て、さらに寒くなってしまうということがある。
夏は夏で「38℃」なんていう表示を見せられると、それだけで不快指数が上がってしまいそうな街頭温度計だが、はたしてこの温度計の数値はどれくらい正確なのだろうか。
実際に温度計を持って街に出て、調査してみた。

工藤 考浩



温度計を購入

調査に当たって、まずは温度計を用意しなければならない。
近所の電気店で、一番表示の大きなデジタル式の温度計を購入した。
アナログ式のものより見やすいし、正確な数値がわかるのではないかと判断したのだ。


赤ちゃんに快適な環境づくりを、と書いてある

さっそく渋谷へ

用意した温度計を持って、最初の調査地点である渋谷に向かった。
午後の1時過ぎ、この日の東京は晴天で、体感温度も低くなく、日なたでは心地いいくらいの天候だ。
渋谷駅の西口には、ビルの上に温度計のついた看板があるので、まずはそこから調査しよう。


渋谷にやってまいりました


ここに温度計が

気温11℃を指している

駅前の温度計は11℃と表示している。
この時期にしては暖かいと思っていたが、二桁の気温だ。
寒い地域に住む方から見るとうらやましいほどの温度だろう。


これくらいなら寒くない

手持ちの温度計は21℃

さてと、とかばんの中から先ほど買った温度計を取り出してみると21.9℃と表示されている。
電車の中が暖かかったからだろう。
正確な温度を示すまで、しばらくここで待機することにした。


こんなに暖かくはない

全然下がらない

温度計を手に持っていると、体温の影響で温度が上がってしまいそうだったので、地面に置いてしばらく待った。


だいぶしばらく待った。
かなりしばらく待ったのだが、温度が下がるスピードはきわめてゆっくりだ。


撮影の都合上手に持っています
15分後でもこの温度

20分後で18.1℃

いやな予感

20分待って18.1℃まで下がり、その後この数字で安定してしまった。
通常、気温は地面から1.5mの高さで計測するものらしいので、地熱の影響を多少は受けているとしても、数字が高すぎる。
しかし、このまま何時間もここにいるわけにはいかないので、温度計をかばんにしまわずに次ぎの調査地点へ移動することにした。
調査開始早々うまくゆかない。


こうやって、体温が伝わらないように持って移動


ちなみに渋谷駅構内は18.9℃。もうちょっと寒い気がする


新宿へ

つづいての調査地点は新宿だ。
ここにも駅前に街頭温度計がある。
渋谷で30分ほど外にいたせいで、体が冷えてしまったようだ。
渋谷からの移動時間は電車で10分かからないので、車内で体を温めることもできず、やや寒さを感じているが耐えられないほどではない。


アルタ前で調査

エアコンメーカーの看板に温度計が

ちゃんと測れるだろうか

到着時の温度計の表示は18.6℃。
電車の中では20℃を越えていたので、少なくとも動作はしているようだ。
街頭温度計は14℃を示している。
渋谷と新宿で3℃も気温が違うとは、普通に考えると思えないので、街頭温度計の正確さはそれほどでもないのではないかな、などと考えてしまったが、今回はあくまで手持ちの温度計を使って調査するのだ。


18.6℃を表示
街頭温度計は14℃

温度計は日なたではなく、日のあたらないところに置いて、温度が安定するのを待った。


日陰に設置して待機

ここでも20分ほど待っていたが、温度計は16.7℃までしか下がらない。
街頭温度計の表示が14℃なので、小数点以下は切り下げても2℃の差がある。
体感的にはもちろん16.7℃よりも14℃を信じたいのだが、用意した温度計の温度はこれ以上下がる気配はない。
むう。



16.7℃なわけがない
あと10分待機しよう

新宿は16.6℃

温度計は30分後に16.6℃を記録し、その後は少し上がってしまった。
たぶんこの温度計的には16.6℃が正しいと思っているのだろう。
街頭温度計が仮に14.9℃を14℃と表示しているとすれば、その差は1.7℃で、ビルの屋上で計測しているのであれば、考えられない誤差ではない。
が、疑問は残る。


本当に16.6℃なんだろうか

また移動

どうもしっくりこない。
いくらこの日が暖かいからといえ、体感する気温からすると、16.7℃ということはちょっと考えにくい。
なぜなら寒いから。
渋谷駅とあわせると、かれこれ1時間ほど外にいることになる。
屋外の撮影ということで、防寒対策はとってきているのだが、寒さを感じ始めている。
これが16.7℃なわけがない。
この企画の妥当性が心配されるところだが、もう一ヶ所調査してみよう。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.