デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
一人で組体操

さっきと似たポーズがある。
めげずにヨットに挑戦

前ページではひどい失敗をしたが、めげずに一人組体操を続けたい。次はまた三人技の「ヨット」。

絵を見てもらうと分かるけど、一つ非常に難しいポーズが存在する。四つんばいになった人の上に手をついて、両足を持ってもらうポーズだ。またジャンプしなきゃいけないんだろうか。

やっぱり一人でやる組体操は本来の組体操よりハードルが高いと思う。

余裕。
余裕余裕。

余裕じゃない。

やっぱり難しい。やろうとしてる形になろうとしても、身体が防衛反応を起こしてしまい何度やってもこんな形になってしまう。

しかし前の「飛行機」の失敗を繰り返すわけにはいかないので、ここはなんとか頑張ってあのポーズを再現しなければ。


頑張って。

頑張って。

やっぱり無理でした。

見えない仲間を思いつつ。
初心者は簡単なのからやるべきだった

ここまでうまく一人組体操ができた技は「サボテン」一つだけ。

あとから合成するならどんな難しい技でも出来るだろうと思ってけど、組体操は小手先の技術だけではどうにかなるほど簡単ではなかった。ここは初心者らしく簡単なのを確実にやることにしよう。

そこで誰でも出来そうな組体操といえば「扇」である。真ん中に立った人の両手を左右で引っ張って扇の形になるあれだ。

ハイ!
ハイ!!

ハイ!!!

おおこれなら自信を持って写真を載せられる。いまここを書きながら写真を見ても、三人で力を合わせたあの日の記憶が蘇ってくるようだ。

そんなウソの思い出も出てくるぐらい今までに比べて組体操っぽい。やっぱり十字バランスの持つ組体操っぽさがあると思う。

ただ手が繋がってないのでこれを組体操と言えるかどうかは分からない。


一人の力を三分割してまた一つにした、

青春のあの日。

 

隊列を組もう

ここまでは組体操としての技ばかりだったけど、運動会の組体操では大勢の生徒が一斉に十字バランスをキメる演技とかもあるようだ。

それも一人でやってみたら、たくさんの十字バランスしてる自分がいておもしろいかもしれない。


なるべくたくさんの自分が見えるようにカメラを遠くに置きました。
隊列になるような場所まで走っていって。
ポーズ。
戻ってきてまたタイマーを再セットする。

という作業を何回も繰り返し合成素材を集めていく。

これがかなり大変な作業で、カメラと芝生との間を何度も走って往復することになった。息切れしてずっと口で呼吸をしていたら、吐く息で唇がパリパリに乾いたほどだ。

一枚一枚撮った写真を繋げてGIF動画にしてみたのでご覧ください。


 

さてこれを全て合成したら十字バランスの隊列に見えるかどうなんだか。


さてこれを全て合成したら十字バランスの隊列に見えるかどうなんだか。


これはどうだろう。隊列には見えるけど思っていたような迫力が出ていない。遠くから写真を撮らない方が良かったかも。

ただもっとハッキリした理由として、列の距離感をちゃんと計ってなかったというのがある。

写真は30枚くらい撮ってたのだが、その多くは位置が被ってたりほとんど距離が違わなかったりして使い物にならず、結果としてその半分以下の人数しか合成できなかったのだ。

 

一番良いのは自分で技を作ること

既存の組体操の技をIT技術を使って一人で再現しようとしてきたが、逆にCGを使って一人でやる方が難しいのが多かった。

これは組体操の技がそういう風なことを想定したものでないからが原因だ。当たり前だけど。

だから既にある組体操の技を真似ようとするんでなく、自分で合成しやすい組体操の技を作っちゃえばいい。


まず一人目が四つんばいになって、

二人目がエビのように飛びます。

三人目はこっち側に飛びます。

最後は唐突にクイズ

突然ですがここでクイズです。以上の写真を合成して出来た下のオリジナル組体操は何を表現したものでしょうか?


※マウスクリックで答えを表示

筋肉痛になった

現代のIT技術を駆使すれば特に体力も使わずにすごい組体操の技を再現できるんじゃないかと思っていたが、そんなに甘いものじゃなかった。

振り返ってみると飛び跳ねてばかりいた気がする。組体操って跳躍力とは無関係に思うのだが、一人でやろうとすると何度もジャンプしなければいけない。そう言う意味では普通の組体操より躍動感があるとも言えるかもしれない。

良かったら記事中でいくつジャンプしてる写真があったか数えてみてください。

ずっとこんなことしてました。

 
 
関連記事
チアリーダーになりたかった
無理なポーズは寝て取れ!
アナログ合成写真

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.