デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


ちしきの金曜日
 
でかい船を引っ張る小さい船

こういうデカいのが時々港にやってくる。

 長崎港には時々、ものすごいでかい船が来ることがある。その唐突なデカさは、何度見てもびっくりするほどだ。

 大きさにビビりつつしばらく見ていると、やがてそのでかい船を引っ張っている小さい船がいることに気付く。ガリバーを一人で引っ張ってる小人、もしくは身体の何倍もの大きさのエサを運ぶアリのような船がいるのだ。

 その光景が面白くてずっと気になっていた。後日、それは「タグボート」と呼ばれる船だということを知った。

T・斎藤



 

まずはデカい船の写真でも見ていただこう

 長崎ではゴールデンウィークの頃、毎年「帆船まつり」というのをやっていて、帆船が何隻もやって来る。これが間近で見ると本当にデカい。

でかい!

 帆に風を受けて進む帆船は細かい動きとか苦手そうだ。
いや、現代の帆船は普通のエンジンも積んでるのかもしれないが、それにしてもこれだけ大きいと岸壁にぴったり付けるのは難しいだろう。なのに、そんなことは微塵も感じさせないほどピシッと停泊している。


よく見るとマストに人がたくさんよじ登っているのが見える。
人の大きさから、船のスケール感をご想像ください。

 

豪華客船はさらに不気味なほどデカいぞ

でかいと言えば、唐突にやって来る豪華客船。
これもまた猛烈にでかい。
飛行機と違ってこちらは飛ぶ必要がない分、メガトン級の重量感だ。

前にもコネタとして書いたことがあるが、
いやはや、本当にデカい。

でか過ぎて、近くで見るとホテルか何かにしか見えない。

手前に立ってる木や街灯からスケール感をご想像ください。
で、やっぱり岸壁にぴっちり。不思議さすら漂う。

 これだけでかい船だ。もちろん小回りなんか利かない。そういう船じゃないだろう。にも関わらず、岸壁にピッタリついて停泊し、小さな橋みたいなものをかけて人が乗り降りしてる。

 一体どうやってるのか?
 船ってのは、後にスクリューが付いていて、舵でもって曲がる。…と、船の構造を考えながら眺めると、だんだん不思議な光景にすら見えて来る。

 そこで活躍するのが、冒頭でちらっと述べた小さい船だ。タグボートと言う。これがでかい船を押したり引いたりして、ちょうどいい具合に停泊させていたのだった。

左がタグボート。
(右の船のマストに乗ってるのは人形ではありません。本物の人です。)

 今回、タグボートを持ってる会社を取材させて頂いた。
次ページにてじっくり、タグボートとは何か紹介したい。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.