デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
偽ペキンダックを作ろう


うちにはオーブンがないので、1980円で買ったオーブントースターで、焦げないように、様子を見ながら加熱した。ぽたぽたと油が落ちていた。

や、や、や、焼けた。
皮は…干し過ぎて固くなり、ジャーキーになってしまったが、これはこれでウマかった。

ぼんじりも、上手く焼けた。どんな味付けをしても美味しい、ジュワっとした一品に。
でも、どこを切っても、北京ダックっぽい形にならなかった。

やはり、いちばん上手くいったのはモモ。いいテリ。

皮をそぎ切る。じゅわー、あふれる肉汁。

野菜と、テンメンジャン(中華みそ)を添えてみる。

ちょっと、ちょっと、本物みたいじゃない?(食パンはともかく)

■北京ダックがうんぬんというより、手をかけた料理が美味いのか?

干した鶏肉は、想像以上に美味かった。
何なんだ。どういう化学反応が起こっているのか?
これから自分内で「何でも干してみようブーム」が起きてしまいそうだ。
そのうち体長60センチの鳥も干し始めてしまうかもしれない。やばい。

それはともかく、本物の北京ダックを食べてみたいので、誰か北京に連れて行ってください。


 
 
関連記事
中華街で歩き食いできるもの
北京のもうひとつの遊園地もすごかった
あの「うまいトリ肉」は作れるらしい

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.