デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
バビビビビ!街のあの怪音波めぐり!

東京テレポート駅からお台場海浜公園駅へ向かう途中に

企画の発端となったお台場に

いきなりビビビ!が聞こえたわけだが不満が残る。聞こえるのは僕一人でよかったのだ。やっぱり自分は特殊な人間だ、という世界に一つだけのお花感覚を味わいたかったのに、聞こえないはずの工藤さんも聞こえてしまった。正直憎い。

ここで一度企画の発端となったビビビ!に戻りたい。お台場にいつもビビビ!を味わわせてくれるビルがあって、そこを通るたびにほらほらと工藤さんを含む周囲の人に訴えかけては同意してもらえず、やっぱり僕には特殊能力があるのだと世界に一つだけのお花をパカッと頭上に咲かせていたのである。


台場フロンティアビルの側面入り口、やはりビビビっときてました
計器の反応を見て「間違いない。」と。こういうのがゴーストバスターズの気分で大変盛り上がる。

すごい!さっきとほとんど同じものが出た!

こちら正面入り口にも。警備員のお父さんが全部吐いたぜ。
音の正体は分かるわ、F1と記念写真撮るわでもう大変

突然、謎が全て明らかに

ビルのほかの入り口も回る。昼間に来たことはなかったがオフィスも多く入ってて受付の人や警備員の方もいる。

正面入り口にもやっぱりついていた。うれしさあまって警備員のお父さんに「ここって音がしますねー?」と聞いてみたら「これ?ネズミ除けだよ。」なんと!?答えが出てしまった!

お父さんがペロッと全部言っちゃった

お父さんはちょっとうれしそうに「あのさ、このネズミ除けの名前って知ってる?これ『ネコのささやき』って言うんだよ!こんな音してるってのに『ささやき』っておかしいよね。」と、これはもう全て言ってしまっている。今日の企画のおもしろ部分を全部ぺロッと言ってしまってますよ、お父さん!

「初めて来た人はみんなこう(耳をふさぐ動作)しちゃうよね。私らは慣れちゃったけどさ。」と、ここで注目してもらいたいのは「みんな」という表現である。当然筆者のアイデンティティもここであっさり崩壊した。

20代後半は17kHz以上はほとんど聞こえない!とかもっともらしい数字を出してきたが、全て忘れてもらってけっこうである。19kHzでも「みんな聞こえる」と毎日働く警備員のお父さんが言ってるのである。


台場フロンティアビル

『ネコのささやき』らしいです

普段足早に通り過ぎていたときには気づかなかったが、じっくり聞くと音に角があって先ほどの高田馬場よりもここから立ち去りたい気持ちを高めてくれる。よりネズミらしい自分に気づかせてくれる大切な音源は「ネコのささやき」というものらしい。「猫鍋」の次はこれか。


錦糸町駅北口を出て半蔵門線に降りるところ

錦糸町で「お休み」もあることを発見する

なんだか全部分かってしまって続ける意味も見失いかけてきてたが、他にも色々回った。ここ錦糸町にある半蔵門線へと入るビルはウッと声が出るほど強いビビビを感じるスポットなのだが、今日は格別斬新だった。

なんと今日のビビビはお休みだったのである。


写真真ん中の壁にポツッと変なものがついてて、普段はこれがかなりきてるのだが、今日は全く感じない
少し先の入り口にも同じものがあるのだが、ここも聞こえない

こういうものが通常の街の音。高い音はほとんどない。

JR錦糸町駅北口出て半蔵門線に入るビルの入り口

どう見てもいい音波を出してくれそうなのだが

お休みというのもあるのか!とハッとさせられた。いないことによって大切さが分かった、というロマンチックな話であるが、大切かどうかは未だ思案しているところである。

ところで先ほどの「ネコのささやき」の商品紹介ページを見ていたら、人通りの多い時間帯は不快に思う人もいるのでネズミ除けは作動させないで、という記述があった。人通りの多い時間帯だったからお休みだったのだろうか。


他にも色々ビビビを発見して、探検気分で非常に盛り上がった
遠くからでもビビビをかすかに感じとれるのである

日本橋駅ですごいのに出会った

他にも銀座・日本橋方面を回ってビビビを確認したが目新しさのない19kHz付近だったので割愛する。この辺りにネズミ除けが多いのは、古いビルが多いからだろうか?という推論もでたが確かめにくいので後回しに。

最後にネットで見つけた日本橋のC6番出口にネズミ除け音があるらしいという情報を確かめて終わりにすることにした。でもここがほんとにすごかった。

30m手前くらいから雰囲気が変わる

あ、キテるキテる、と遠くからでも異様が分かる。テレビで見る霊能力者みたいな気分が味わえて大変うれしい。

換気口から高音がもう出てるのだが、それが一つではないのだ。C6番出口に近づくにつれ音も高まってくる。後に分かったがダクトを通じて換気口からビビビ!音がもれているのである。これは相当強烈ですぞ。


見た目は地味だが、ここがすごい!バビビビビ!バビビビビ!と明らかに異常事態。ほんとに異空間を味わえる。

これです!これが今までさんざん言い続けてきた怪音波!実際の現場はこれよりきてます。
(※かなりの高音であるため、視聴環境によっては聞こえないかもしれません)

強烈!ぐっと音も低くなって聞こえやすさも音量もぐっとアップ。音の高低差も今までになかったもの。

そしてもうバイバイラット(さようなら、ネズミ)って書いてある!怪音波の正体はネズミ除けに決定!

日本橋駅・C6番出口

ちなみにスピーカーは2台体勢でした

音の図を見てもらえれば分かるとおり、一定の周期で音が出ている今までにない形。実際に聞くと、化け物みたいにどでかい鈴虫がこの世のものとは思えない音で鳴いている感じがする。三半規管にまで響くのか足はフラつくしもうなんだかやってられない気分にもさせられるが、こういう惑星に来ていると思えば急にいい旅夢気分に。とにかく異世界。でも実際はただの駅の出口。

 

そういや地下鉄ってよくネズミがいますよね、と工藤さん

いや、すごい。日本橋のC6出口はすごい。東京新名所に加えてほしい。同行の工藤さんは自分でもはっきり聞き取れたことがうれしかったのか、その後大変上機嫌になって、世界の性についての知識を披露してくれたりした。そんなことってあるだろうか。ネズミを除けようと設置した機械が結果的に人を喜ばせて隙だらけにしたのである。まるででたらめのようでもあるが、現実はこういうものであるような気もした。



 
 
関連記事
ネズミを捕まえろ
音の地図をつくる
エレベーターの昇り降りの音の秘密

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.