デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
世界遺産、の近くにある変わったパン

球場周辺はお祭りさわぎだ

試合が行われた日は平日だったにも関わらず、球場周辺は野球ファンで大にぎわいであった。学校や職場を休んで来ているのだろうか。52年ぶりの巨人である。学校や職場も大目に見てくれたのかもしれない。


球場前に鈴なりのファン

「巨人52年ぶり」という号外も配られていた。 当日券売り場に着くまでに、5部もらった。


号外

当日券売り場に列はなく、無事にチケットを手に入れる事が出来た。地元の人たちは前売り券を購入しているのだろう。とにかく、これで一安心である。


当日券売り場

無事、チケットゲット

開場までまだ2時間以上もある。しばらく球場周辺をウロウロしてみる事にした。


52年前の野球少年たち

ウロウロして気付いた。

年配の野球ファンが目立つのだ。みんな野球帽を被っている。52年前、別所の好投に感化された人たちに違いない。球場に来る前に想像していた通りだった。


宇都宮のベスト9

野球帽姿のおじさんたちはみんな楽しそうだった。巨人戦というキッカケによって、おじさんたちは52年前の少年に戻っているのだ。


お手伝いとサッカーをする1年生 帰路につく1年生
開場を待つ2人 巨人帽を浅く被るおじさん

学校生活。手の上げ方が気になる 書道、図工など
ベージュ帽を浅く被るおじさん 何度もチケットを見るおじさん
学校生活。手の上げ方が気になる 書道、図工など
トイレに並ぶ野球帽3人 遠くを見つめる野球帽の2人

まるでブルペンを見つめる投手コーチのようなおじさんもいた。


投手コーチのような野球帽が見ているのは
チームヴィーナス(ジャイアンツマスコットガール)
チームヴィーナスを撮影する野球帽とそれを見守る野球帽

きっと52年前にはチームヴィーナスなんていなかった事だろう。


学校生活。手の上げ方が気になる 書道、図工など
コサカさん 三遊間は俺たちに任せろ

開場1時間前、横浜の選手が球場入りするという情報が流れた。
駐車場から球場まで、選手の姿を一目見ようとファンが並ぶ。


横浜の選手を待つファンたち
巨人の選手が来ると思っている巨人ファンのおじさん
チューリップハットの上から巨人帽のおばさんと、その左奥に巨人帽

52年ぶりの巨人を迎える子どもたちもいる。
この子どもたちが次に宇都宮で巨人を見るのは52年後なのだろうか。


「小笠原ホームラン」という看板を作ってきた子供
でも、裏には横浜の選手を褒める言葉が

子供からおじさんおばさんに至るまで、みんな52年ぶりの巨人を楽しみにしているのが分かった。そんなに歓迎されるなんて、巨人は本当に幸せだ。

開場時間が近づき、球場周辺のボルテージが静かに上がっていく。


万全の警備体制
入場を待つ野球ファンの列

15時半、ようやく開場となった。

荷物チェックが厳しいため、入場に時間がかかっている。スタンド内に入るまで、並んでから30分以上かかってしまった。


一塁側スタンド

タクシーの運転手さんが言っていたように、とても奇麗な球場だった。
グラウンドでは横浜の選手がバッティング練習をしている。

もうすぐ、52年ぶりに巨人の選手たちがこのグラウンドに立つ。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.