デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
メガネを外して印象派を描く
昼下がりの公園で絵を描いてきました。


 印象派ってのはつまりぼんやりした絵だ。ぼかしたら大体印象派っぽい感じになる。写真も手ぶれすると、場合によっては印象派みたいになる。

 ある日、気が付いたのだ。メガネを外した時に見える光景は、これは印象派なんじゃないだろうか?と。だからメガネを外して印象派っぽい絵を描いてみることにした。

(text by 松本 圭司

青い空、青い海、格好良い橋、船着き場。

■葛西臨海公園にやってきました

 さて、しまい込んだまま何年も使ってないパステルを持って公園に来た。ここでメガネを外して絵を描くのだ。

 寝る時と風呂に入る時以外はいつも着けているメガネを、今、外して僕はメガネ男から普通の男の子に戻るのです。脳内イメージは山口百恵。

 31で男の子?山口百恵?などと色んな疑問符が僕に向かって発せられているように感じるがこのくらいのオイタは大目に見てもらって、早速描いてみよう。


こんにちは、メガネ松本です。

メガネを置きます。この体勢、ぎっくり腰に悪いのよね。

しばらくの間、さよならだ!

メガネ外すと我ながら違う人ですね。

大体こんな感じに見えています。

まずは東京湾と空を描いてみよう。

■んじゃいっちょがんばってみっぺか

 メガネを外して画材を用意したら準備オッケー。ではでは、早速描いていこう。印象派なんて楽勝よ。わははは。

と、この時はそう思いましたね。


幼稚園児並みの画力。

■絵、難しいね

 パステルなんて使って絵を描くのなんて大体10年ぶりくらい。もうね、恐ろしく描けない。絵ぐらい簡単だぜとか思ってたら全然ダメだった。

印象派っていうか、なんて言うか絶望派。松本圭司絶望編って感じ。

ヤベ、これ、記事になるかな・・・と冷たい汗が背中を伝う。

 

■2枚目はどうだ

 さ、最初の1枚は失敗してもしょうがないじゃん。ホラ、10年前にバスケが得意だった君だって今はスリーポイントシュートは入れられないだろう?

諦めたらそこでゲームセットだから2枚目も頑張ってみたよ。


次はあの格好良い橋を描こう。好きな物を描いた方が良いに決まっているのだ。

感じたままに、印象を紙の上に置いていけばいいんだ。

ふんふん、あそこがああなって・・・・

出来た!


あのね、見えないともの凄く描きにくいんですよ。

もう、死にたい。


次はこれを描こう。なんかロボっぽくて格好良い。

■もうだめかもわからんね

 2枚目の絵が全体的に黒いのは、黒いパステルを使った後に「印象派だからぼかさなきゃ!」と思って画面全体をティッシュでこすったからだ。

思わぬ所でムンクっぽい嫌な空気感が出てしまった。次はもうちょい手近なものを描いてみよう。


こんどはイケルだろう。黒パステルに気をつけて・・・。

で、出来た!


どこが印象派?

 

■近すぎると見えちゃうんだよな

 今度は描いた物が近すぎて割合ハッキリ描けてしまった。30mくらいの建造物はハッキリ見えてしまうのだ。これが視力0.1の実力。


どうしたって印象派にならない。困った。

マズイな。今日は土曜日。今なら別の企画に出来るけど?

こ、こんなはずじゃなかったのに!

 これじゃなんていうか、単なるクロッキーっていうかスケッチであって印象派とは違う気がする。おし、だったらもっと遠くの物を描いてみよう。


今度は遠くのビル群を描いてみた。今度はどうだ!
僕の目にはこんな絵に見えています。

■ちょっと印象派っぽくなった気がする

 今度は東京湾の対岸見える、おそらく新橋とかその辺のビル群を描いてみた。全体を青っぽくして適当にぼかしたからか、ちょっと印象派っぽくなった気がした。

どこが?と思うだろうが、僕の悪い目にはこれが印象派に見えたのだ。線とかボケボケに見えるからだ。

ということは、印象派のコツは、

・あんまり対象を見ないで心の目で描く
・同じ様な色調で描く(モネの睡蓮だって全体的に青いしな)
・絵自体もメガネを外して見る。

この3点になるんじゃないだろうか?

よーし、だいたいわかった(わかった?)。それじゃあ以上の習作を踏まえて最後に1枚夕焼けでも描いてみよう。

 

■記憶の印象で描いてみた

公園からの帰り道、夕焼けが綺麗だった

空の上は淡く青く、下は灼けるピンク

街は逆光で暗くなり、夜の準備をしているよう

あ、飛行機雲

夕焼けに追われて、帰り道を急いでいるよ

じりじりと闇が広がる

おし、オレ、ポエムもイケル。

夕焼けと闇の様子を裸眼で見て、その印象を思い出しながら描いた。

これが葛西の夕焼けの印象だ。


下の黒いゾーンはきっと僕の心の闇(病み)。

■印象派は自由だ

最後の絵、描いてたらなつめさん(黒猫)が興味津々だった。なんで?

 印象派ってのはつまり、自分が感じた印象のままに自由に描いていって事だ(多分違う)。

 小学生の頃は、絵は見た通りをそのまま描きなさいと教えられた。中学の美術で防波堤を暗い印象で描いたら怒られたが、あれは今思えば理不尽だ。アレが僕の印象派だったのに。

 今回は、印象派の入り口辺りに辿り着けた様な気がしている(みなさん怒らないで下さい)。今後も印象派を突き詰めたいと思う。

次回は好印象派、悪印象派、第一印象派、写真で印象派など、色んな印象派を試してみたい。大体3ヶ月くらい後にまた描きたいと思います。

ではまた。

自分イメージの印象派。可愛いだろう。

 
 
関連記事
モナリザはどんな色からできている?
メガネおやじ
目メガネ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.