デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


土曜ワイド工場
 
タオルを三脚にする
どうしてそこがとれるの?という壊れ方でした。


長年使っていた三脚が壊れた。とくに三脚で人を殴ったり熊と戦ったりしたわけではなく、ふつうに使ってるうちに外れるはずのない部分がポロポロ外れていくという、壮絶な最後だった。

ご存知のように、撮影はいつも一人なので三脚がないと非常に困る。だから今度は壊れない良い三脚を買おうと思ったけどそういうのは高い。安くて買える値段のものはないかと探していたが、いま自分の持ってる財産ではタオルぐらいしか買えなかった。

それならタオルを三脚にすればいいのか。

 

(text by 小柳健次郎



用意したのはスポーツタオル。爽やかな汗なんて拭きやしない。

タオルを凍らせて脚にする

タオルで三脚を作るといっても、タオルをそのまま三脚の形にしたってふにゃふにゃのタコみたいなのしか出来ない。そうではなくちゃんと実用的なのを作りたい。

じゃあどうするかというとタオルを水で凍らせてカチカチにするのだ。冬の北海道ではタオルを水につけて一晩おけば翌日には凍ってる。その凍ったタオルを三脚の脚として使えばいけるんじゃないか。それでいこう。


蕎麦を打つように

さっそく水とタオルを用意して作業にうつろう。といってもやることはタオルに水をつけて吊るすだけなので、とくに難しいこともないから、書くこともありません。すみません。

ただひとつ発見したことは、タオルを水につけて細くする作業はまるで麺打ちみたいだった。


まずはそば粉(タオル)を水につけます。
まんべんなく付けるのがポイントよ。
そしたらくるくる回して麺の形にします。
タオルのカラーはフランス国旗をイメージしました。(あくまでイメージ)

最後にこれらを吊るして一晩置けば出来上がり。


追い討ちとして残った水をかける(案の定自分にもかかった)。
この段階では完全に洗濯物。

そして翌日のタオル。


見た目に変化なし。

見た感じは凍ってるのかどうかはまったく分からない。しかし近寄ってみるとはっきり分かった。


なんか垂れてますよ。
あなたもなにか垂れてますよ。

タオルはちゃんと凍ってた。表面にはまったく氷とかはついてないが、下から垂れた水がつららとなって現れている。

しかし重要なのは三脚の脚として十分な強度をもってるかどうかだ。水が全て下にいってて、上は凍ってないなんてはことないだろうか。

タオルをグッと握ってみる。


硬いぞ。

上から下までしっかり凍っていた。疑ってごめんタオル。

あと驚いたのは凍っててすごく冷たいのかと思ったらそれほど冷たくなく、凍ってるというよりかは乾燥してるような感じで、フリーズドライしたみたいだった。


三脚の格好をさせてみた。

作ろうと思ってるタオル三脚のイメージはこんな感じである。いやイメージとかじゃなくてこれでほぼ完成だが、とりあえず三脚として使うのはそれに相応しい場まで置いておこう。

 

ついでに凍らせたタオルで釘を打ってみる

ところで凍らせたといえば、当サイトのウェブマスターである林さんが以前に凍らせたバナナで釘を打っていたのだが、凍らせたタオルではどうだろうか。釘を打ってみた。


せーの、
ヌスッ。

凍ったタオルで釘を打つと、あまり聞きなれない音を出して釘がタオルに刺さった。


タオルの一部みたいに。釘バットならぬ釘タオルか。

奇しくもバナナとほぼ同じ結果になった。タオルでも家は建ちそうにない。

次からはようやくタオルを三脚として使おうと思います。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.