デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
八ツ沢水力発電所の導水路をたどる

思わず息を飲んだ第三号水路橋

国道20号線、甲州街道沿いを少し歩くと、左手奥に水路があるのが見えた。 それが第三号水路橋。

思わず見落としそうな場所にさりげなくあったにもかかわらず、 極めて完成度が高い立派な水路橋で、これにはたいそう驚かされた。


嬉しいことに、第三号水路橋にはフェンスの覆いが無い しかし、この水路橋……
カ……カッコ良い!

あぁ、カッコ良い。なんてカッコ良い橋なんだろう。

複数の積み方を組み合わせて積まれた美しいレンガの質感。 横一線に通るデンティル(歯のように並べられたレンガ装飾)。 横にちょっとだけ張り出した橋脚の形。 あぁ、興奮せずにはいられない。素敵すぎる。

この美しすぎる水路橋をしばらく堪能した後、 傾きつつある太陽に急かされる形で私は次の水路へと向かった。 興奮冷めやらぬ中、たどり着いたのは第四号水路橋および第三号開渠。


またもや同じような開渠が始まり そしてまたもや地中に入る
しかし、なんと平和な景色だろうか


大野調整池、そして八ツ沢発電所に到着

地中に入った水路は、それからそのまま5km以上もある長い長い隧道を通り、 そしてようやく大野調整池に出る。


水路の水はこの大野調整池にためられる その堤体はまるで土手のよう

この大野調整池は、水路の水をためておくための発電専用ダム。 水路からそのまま発電所に流すのではなく、 ここに一旦水をためてから発電所へと流すそうだ。

もちろん、そんなことをするには理由がある。 夜間は電気の需要があまり無いため、発電せずにこの調整池にためておいて、 電気が必要となる昼間にどかっと発電しようという寸法だ。


周辺には桜の木が多く、春にはお花見スポットになりそう ここが八ツ沢発電所への最後の水門

ちなみにこのダムが完成したのは大正3年。 八ツ沢発電所導水施設の中では一番最後に作られたものである。 もちろん、このダムも隧道などと同様に重要文化財。

ダムの種類としてはアースダムというもので、 その堤体は土を固めて作られているのだそう。 建設された当時では、国内最大の高さを誇ったダムでもあるらしい。

この大野調整池にためられた水は、圧力水管(中に空気が入らない管)を使って 一気に5km先にある発電所の水槽へと送り込まれ(この水槽までが重要文化財)、 そして水圧管路に落とされる。

さぁ、いよいよこの導水路の終点、八ツ沢発電所に到着だ。


八ツ沢発電所の水圧管路。この上部に水槽がある 発電所内部の水車発電機

巨大な管がたまらなくカッコ良い なんだか分からない管でもカッコ良い

そして水は次の水力発電所へ

こうして八ツ沢発電所の導水路探索は終わった。

八ツ沢発電所から排出された水は、再び水路を通って下流にある松留水力発電所で利用され(この松留水力発電所は有効落差が4.24mと物凄く小さな発電所)、 それからようやく桂川へと放流される。

ちなみに、今回の八ツ沢発電所見学は、 東京電力の葛野川PR館で実施されている見学会を利用した。 実は大して期待もせず、気軽な気持ちで行った見学だったのだけど、 これが想像以上にすばらしく、十二分に楽しめた。

ただ、この見学会では第一号水路橋から大野調整池堰堤までの間を すっ飛ばしてしまうので、 その途中にある第三号水路橋などを見るには別途自力で回る必要がある。 私は猿橋駅から飛沢駅までの約4km、がんばって歩きました。

参考:TEPCO 葛野川PR館

ガイドさんはとっても親切なのだけど、親切すぎて撮影ポイントに着くたびに写真取ってあげると言われ、ちょっと困った

 
 
関連記事
気になる堰、そして円筒分水へ
暗渠にもぐる
住宅地にあるダムは街にマッチしていた

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.