デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
なにをやっても台なしになる方法

「姪にみやげのひとつでも買ってくか」

「うわー、こんなに食べられないなー」

「ラフォーレってのはキムラヤみたいなものだろ?」

酔っぱらいプレイ

原宿、竹下通りにきた。

酔っぱらいメイクの破壊力が面白くて、酔っぱらいがもっとも似合わない街にやってきた。反面、酔っぱらいがうっかり降りたら面白そうな場所である。

言ってみれば「朝まで飲んで帰りの電車で寝過ごして、しかも駅を間違えたのでついでになんか買って帰るおじさん」プレイだ。

しかし酔っぱらいが醸し出す物語は原宿の華やかな雰囲気に飲まれないか心配だ。原宿にいても酔っぱらいは酔っぱらいなのか、それともコスプレの一種になるのか。酔っぱらい vs 商業主義、僕の皮膚から10pぐらいのところのせめぎ合いだ。

酔っぱらいに扮したまま竹下通りを歩く。

着ぐるみを着た女の子がいたりして自由な街である。客引きも多いが、やっぱり酔っぱらいには声がかからない。酔っぱらい優勢だ。写真からも酔っぱらいとしてのストーリーが見える。

最後にラフォーレの前で写真を撮って原宿制覇の記念にしよう。

 

内面で負けました

ラフォーレの前で引きの写真を撮ってるときに思った。

はずかしい。

ネクタイを頭に巻いてみたり、シャツの裾を出したり。歩きながらズボンまた裾を入れたり。これじゃ酔っぱらいみたいじゃないか、いや、そうなんだけど。

僕はお酒の味が好きなんじゃなくて酔っぱらうのが好きなので、酔っぱらいメイクでも飲酒と同じ昂揚感が得られるのではないか。そう考えていた。

でも酔っぱらいの行動はアルコールを飲んでこそ、なのだ。体に心がついていってない。

酔っぱらいは心技一体である。

上の写真を撮った直後に見せた表情。ザ不安。

こんなところでシャツを入れたりさー



無能力化だ

頬を赤らめるだけでたいていの行動が台なしになる。ニュースでよく聞く言葉で言えば無能力化である。人がここまでビジュアルに左右されるというのも驚きである。

逆に、なにかを台なしにしたいときは頬を赤く塗って挑めば間違いない。

そんな機会あるのかよ、という内なる声には耳をふさいで、そう結論づけたい。そして思ったよりも奥行きのない企画だったなーと思う。

あと、酔っぱらいのまま人に指示すると「こんなやつに言われたくない」と思われます。


 
 
関連記事
ピエロになって、なにもしない…
ステテコの注意点
恐怖顔メイク

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.