デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


チャレンジの日曜日
 
北京のもうひとつの遊園地もすごかった

それは懐かしき日本の遊園地だった。

 ニセモノキャラクターより驚かされたのが、年季の入ったアトラクションの数々だった。


たとえば園内を走るモノレール。昭和の雰囲気ともいうのだろうか。

 「昭和の雰囲気」といったが、実は、園内のいろいろなものが、1987年の開園時に日本から送られたもので、この北京遊楽園も日中共同で作られた遊園地だった。北京遊園地はある意味、日中友好のシンボル的存在だったのだ。マスコットキャラクターをプーさん(?)なんていってごめんよ。あれ中国オリジナルの熊だよ、きっと。


見にくいけど、とにかく日中友好だよ!日中友好!!

 そんなわけで北京遊楽園は20年前の味のあるアトラクションが今に残っているのだった。いかにも年季がはいったといわせるのが、下の2つのアトラクション。耳でしっかりその音を聞いてほしい。きしむから。


その音を聞いて体感せよ!

きしむアトラクションは上記のだけではなかったのだ。バイキングすらもギギギ・・・

WEBメディア最高

 雑誌とか新聞で散々騒がれた石景山遊楽園はビジュアルで魅せた。ニセモノが開き直ってたくさん存在するから、それを撮ればOKだった。

 でもこの北京遊楽園の魅力は違う。きしむのだ。そのきしむノスタルジックな音、雑誌や新聞で表現できるだろうか。そう考えればマルチメディア(死語)なWEBメディアこそ最高!と心でひしと感じたのだった。

 テレビ?音声とれるか。失礼致しました。

 テレビも最高!!

園内でみた、コカコーラとペプシコーラの奇跡の融合

リンク 北京遊楽園オフィシャルページ

 
 
関連記事
上海の遊園地はどうなんだ?
中国のミニ遊園地が面白い!
話題のマクタッキーに行ってきた

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.