デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
歯医者キャラふたたび

■歯と関係ない動物

キャラ界におけるアニマル使いの万能感におぼれ、歯とは関係のない動物を採用してしまう例も見られる。


堂々たるキャラぶりだが、ウシと歯の関係の深さは微妙だ。いや、あれだけ反芻すれば歯は丈夫だとは思うけど。
柔和な表情は良いが、見事に歯医者間を感じさせないキャラ選び。舌出してるし。
前回の記事でも取り上げたマリン系。その爽やか演出力を買われ、歯医者に限らずさまざまなところで活躍している。
ある意味行き着いた感のある動物チョイス。だって歯ないじゃん。爽やかでもないし。

ぼくのあたまが固いのだろうか。べつに歯と関連づけなくてもよいと言えばよいのだろう。しかし、なにか割り切れない感じが残る。

 

■ストレートに、歯。

動物と共に2大勢力ともいえる位置にあるのが、歯自体をキャラ化した例だ。歯なんてキャラ化してもそんなにバリエーションはなさそうだがどうしてどうしてなかなかのもの。その表情の豊かさはもしかしたら動物系をしのぐかもしれない。


かなりマイルド化された描写の歯さん。そつのないデザインだ。
散歩の途中、といった躍動感のある描写。ちょっと照れ気味なのも好感が持てる。
伝統的な歯の擬人化といえる例。安心感がある。
優しげな表情に思わず「いっちょ削ってくか!」と思わせられる。うそ。思いません。
こちらもハートとのコンビネーション。かわいい。
歯医者のキャラだという前提がなければ歯には見えない描写。ファンシーなタッチを大事にしたあまりの結果か。

これら歯をモチーフにしたものの中でもちょっと変わった例が以下だ。コンビネーションプレイとでも言おうか。


動物系との合わせ技。どちらかだけでよかったのでは。絵のタッチもずいぶん違うし。
奥歯と前歯の共同作業。ものを咀嚼するとはこういうことか。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.