デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
日本一の地底駅、土合駅に行ってきた

改札から通路を渡って階段へ

無人の改札を抜けて、階段へと向かう通路を歩く。
通路の両側には窓があるのだが、この日の雨模様の天候と窓の外にうっそうと茂る緑のせいで、薄暗い。
古い建物独特の雰囲気と相まって、進んでゆくのにほんの少し勇気が必要だ。


改札から奥の連絡通路へ。なぜか土が盛ってある

数段の階段を下りながら進む

 

階段入り口

道路の上をまたぐ渡り廊下のような通路を抜けると、やや広くて明るいかまぼこ屋根の通路にでる。
この先はいよいよ地下へと向かう階段だ。
どんな光景が待っているのか、期待と不安を半々に足を進める。


地下への入り口が見えてきた

この先がホームへの階段だ

 

ずっうとどこまでも階段

階段の前に立つと、視界が歪むような、不思議な感覚にとらわれた。
延々とどこまでも下りの階段が続いているのである。
先がどうなっているのか、上からは確認する事ができない。
こんな長い階段を見るのは初めてだ。


延々と階段ばかりで出口は見えない

隣の坂はいつの日かエスカレーターを取付けるためのものらしい

 

進むしかない

まるでこの世の果てまで続くかのような階段だが、僕は越後湯沢に戻って新幹線に乗らなければならない。
つまり、この階段を降りてホームにたどり着かなければならないのだ。
意を決してこの長い長い階段に挑もう。


少し下りたくらいじゃゴールは見えず

振り返ってもこれしか進んでいないのだ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.