デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


チャレンジの日曜日
 
高地トレーニングした気分になる
雲南といえばこんなイメージだよね


 一時は話題になったペンキ山がある中国雲南省。その省都の「昆明」は、知る人ぞ知る高地トレーニングのメッカだ。Qちゃんこと高橋尚子選手や、野口みずき選手などのマラソンの選手、それに過去にさかのぼってみると、ボブサップやベッカムらレアル・マドリードの選手団が来てたのだからなんだかすごい。

 せっかく昆明に来たのだし、彼らの高地トレーニング中に見た景色を見て、高地トレーニングした気になりたい。 

 ペンキ山エロ漢字に続く雲南旅行ネタ第3弾でございます。

ライスマウンテン

どこで高地トレーニングできるんだ?

 右上の写真は残念ながら昆明の写真ではない。写真は雲南省の大理という「大理石」の言葉の元ともなった有名な観光地の写真。きっと雲南省というとこんなイメージを持っているのではないだろうか。

 あとは麗江というところもこれまた有名で、世界遺産。そんなわけで大理と麗江というのは、雲南に来た観光客なら誰でもいくし、ぼくもいった。ニフティのビルの1階の旅行会社のツアーでも取り扱っているくらい有名だ。雲南らしい街並みに行けばそれなりに達成感はあると思う。

 ところが昆明はちーっとも雲南っぽくない普通の中国の都会だ。


まったくもって普通に都会だ。こんなの思ってた雲南じゃない。

ほかの中国の都市と比べてなにが違うのか、とあえていうならば、チャリンコの交通量が多く、というか半端でないことか。


チャリダーの数、すげえぜ!

参考までにライターの玉置さんに撮ってもらった東京屈指のチャリポイント
「たつみ橋交差点」の写真 。日本だったら十二分に多いと思う。

やっぱり日本じゃ本家の人民自転車軍団には勝てないか。

昆明で高地トレーニングとはよくいうが、こんな人民自転車軍団と一緒にQちゃんは走るのだろうか。ボブサップは走り抜ける自転車を仮想敵としてスウェーするというのか。ベッカムはサッカーボールを自在に操り車間を抜けるというのか。

それだけでなく車だって結構走ってる。空気だって、お世辞にもいいとはいえない。本当にここでトレーニングしているのか。


こんな密度でこんな量じゃ無理っす。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.