デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
陸テトラポッドを鑑賞する


テトラポッドって、かわいらしい形をしていると思う。

ず んぐりとしているが、無駄のないフォルム。抱えて持ち上げることができる大きさではないが、建築物というほど大きくもない絶妙なサイズ。そして同じ形をしたそ れらがいっぱい集まっているあの様子。ああ、愛らしい。

海岸の風景を台無しにするとか親水性を低下させるなどの理由で揶揄されがちなテトラポッドだが、ぼくは好きだ。

海岸に行けば彼らに会えることは分かっているが、もっと彼らをよく見ることができる場所はないだろうか。

*「テトラポッド」は株式会社不動テトラの商標です。これらの一般名称は「消波ブロック」なのですが、記事中では分かりやすさを優先して「テトラポッド」を使用しました。

(text by 大山 顕



■ふつうの海テトラもすてきだけど


コンクリートで固められた海岸線、そしてごろごろとテトラポッド

ふつうの海でご活躍されている状態のテトラポッドを「海テトラ」と呼びたい。波を消し岸を守るという機能性もさることながら、このランダムな置かれ具合、隙間から聞こえる波の音、物落としたらもう取れない、という緊張感。どこをとっても愛すべき存在だ。ぼくのテトラへの愛が上の写真をして無駄に大きなサイズにさせている。この春はテトラポッドが流行るだろう。

だが、現役で活躍する彼ら海テトラは近寄りがたい。これが本来の姿ではあるが、この状態だとテトラポッドの全体像を見ることは困難だ。もっと違った姿を見てみたい。スーツでバリバリ働く姿もすてきだが、オフのときの彼も見てみたい。そんな感じだろうか。ちがうか。

そう、要するに陸にあるテトラポッド、陸テトラを探せばよいのだ。そうしたら海に落ちる心配もなくテトラフォルムを堪能できるだろう。しかしどこにいけばそれはあるのか。


たしかに陸にあるが…

海岸であっても、上のような状態で陸テトラにおめにかかることはできる。これはこれですてきだが、どちらかというとこれは現役引退後のご隠居陸テトラで、ぼくが求めている味わいとは異なる。ぼくが求めているのは海中に置かれる前の、まだけがれを知らない処女のような陸テトラなのだ。


使い込まれたテクスチャ。働き者の手、といった趣
そこで遊ぶ子供たち。将来が楽しみだ

上の写真の子供たちはテトラと触れ合いながら、同じクラスの好きな女の子の話をしていた。幼い恋心がテトラポッドの風景と共に刻まれていく。彼らの将来が楽しみだ。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.