デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
平田食事センターに行ってきた

すごすぎて、なかなか店に入れない

平田食事センターはその名前からすると食事をとる場所なはずなのだが、お店の周囲の様子がものすごいので、あまりにも興味深くてなかなか店内に入れない。
興奮しながら何十枚も写真を撮影してしまった。


なぜこれがここにあるのか、意味とか理由とか探るのはもう不可能だ

店の入り口前には大量の自販機

かっこいい自販機がたくさんでこれまた興奮

 

店の中はもっとすごい

店のまわりだけで記事が1本書けるくらい、言いたいことが山ほどあるのだが、一歩店に入ってみると、その何倍ものつっこみどころが折り重なるように存在していて、その渦に飲み込まれてしまいそうになった。
強烈な平田マジックだ。
「平田食事センターをよくぞこの世に」と神に感謝したほどである。


ITとかWeb2.0とかそういうのは一切ないことになっているような異空間

店内にコンビニ。それだけですごいが、外壁がベニア板ってものすごい

こういうテーマパークなのかと思うくらい時代感覚が狂う

オール読物の看板。この店の客に何を訴求しようとしているのか

ここにいると、ホメオスタシスが保てなくなる

新聞の自販機は大半がスポーツ紙

 

平衡感覚がくるいそうが

目くるめく、という形容詞がにあうほど、平田食事センターの店内は、不思議に満ちあふれていて、平田食事センターがおかしいのか自分がおかしいのかわからなくなってしまう。
ここは「平田食事センター」というなの別の宇宙なんだと思う。
また忘れそうになったが、ここは食事をするところだ。
ごはんを食べなきゃな。


食事はカフェテリア方式だ。カフェテリアだぜ、カフェテリア

< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.