デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
東海道・野立て看板鑑賞

■戦いの行方は

いつのまにか727を応援する2時間半の旅になっているが、新幹線を降りれば、そのあと会議なのである。


今回のハイライト。野立て看板銀座。有力勢が顔を揃える。

727がラストスパートに入る
ローズテクニーが後を追う

野立て名
727 10
東建 7
ZOJIRUSHI 7
ローズテクニー 10

もうそろそろ京都か、というところでの上位4選手は上記のようなっている。なんとローズテクニーと727が並んでしまった。なにが「なんと」なんだかよく分からんが。

 

■そして、最終決着は

このあと、京都までのあいだで完全に727とローズテクニーの一騎打ちとなる。


山、田んぼ、727
あぜ道の先に、727
ここへ来て新規参入
京都着。もう残り少ない。
ローズテクニーも最後の追い上げ
さいごまであきらめないステファニー

そして、長かった野立て看板レースも終了。新大阪に着いた。

みんなよく頑張ったよ

気になる成績は以下の通り。

野立て名
727 17
東建 7
ZOJIRUSHI 9
ローズテクニー 12
ヒーローマンション 1
根布工業 1
ヨド物置 1
ダンディハウス 5
武富士 2
ホームメイト 2
DENON 1
ステファニー 6
静岡空港 1
メロン 1
1
穴吹工務店 5
日水製薬 1
日本農薬 1
センチュリー21 1
宮きしめん 2
maruta 1
FUJITEC 1

以前から抱いていた印象どおり、727の勝利だ。なぜかうれしい。うれしいというか、なんだろう、この感情は。まだ誰も名付けていない感情がわき起こっている。

正直、新幹線の窓から以外ではお目にかかったことのない727。平日は主にサラリーマンでいっぱいの新幹線に対してcosmeticsの訴求とはマーケティング的にどうなのか、と思わないでもないが、そんなことはどうでもいい。ぼくは満足だ。

■まだ戦いは続く

今回は東京から大阪へ向かって左側だけの調査だった。そう。反対側がまだ残っているのだ。もしかしたらそっち側では727は劣勢かもしれない。さらに、新大阪から向こう、山陽新幹線沿いはどうなのか。はたまた長野新幹線は?

まだまだ野立て看板鑑賞の旅は続きそうだ。

実際は誰も窓の外なんか見てない

 
 
関連記事
スーパー看板コレクション
看板の色で一番多いのは
スナックの看板に思いをはせる

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.