デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
新しいカッパ巻き

発想の転換

たまに「海苔が内側で、ごはんが表側」という巻き物がありますね。あれは当初、海苔が苦手な外国人向けに作られたと聞いたことがありますが、本当なんでしょうか。

それが本当なら、これから作るカッパ巻きは、そんな彼らに大人気となるハズです。


キュウリの中をくり抜いて、
そこに酢飯をどんどん詰める。
なんとなく見た目が締まらないので、
海苔を乗せてみました。

どうだろう。コペルニクス的カッパ、とでも名付けたいところだが、大袈裟だろうか。

普通のカッパ巻きに飽きた人にも最適だし、なんたって作るのが簡単でいい。巻き簾も大判の海苔も不要だ。見た目も、なんだか可愛らしいじゃないか。

では、さっそくいただきましょう。


醤油を多めに付けてみた

…うむ。最初に作ったものより、歯触りがいい。口もそんなに疲れない。酢飯が多いぶん醤油がたっぷり吸い付いて、うん、バリ…これは…ボリ…、イケル気がする。

さっきより知恵を絞った分、きちんと味に反映されたことが素直に嬉しい。もっと小ぶりに切り分けたら、いい箸休めとして活躍してくれそうだ。

よし、この調子でどんどん作ってみよう。


今度は細切りにしたキュウリを
どっさり巻いてみた

最初に作ったものを思いっきり繊細にしたカッパ巻きと言えるが、食感がずいぶん違う。そりゃそうだ。醤油もよく絡みついて、とてもおいしい。もう「乱暴な野菜スティック」とは言わせない。

続けて、こんなものも作ってみた。


キュウリをみじんに切って、酢飯とゴマを混ぜたものを厚く盛ります
だいぶ巻くのが上手くなってきた
芯のないカッパ巻きの完成。
これはいい!

どこまでもサッパリしたカッパ巻きが、少しのゴマでグッとコクが出ておいしくなった。細かく切られたキュウリがサクサクと歯に当たるのも心地よい。

これは食欲のない時など(滅多にないが)、たくさん作っておくと重宝しそうだ。

えーと、今日作ったなかで、唯一自信を持ってオススメ出来るのはコレになりそうです。しかし、これはカッパ巻きとは呼べないな、カッパ混ぜ巻きだな。河童もガッカリだ。でも仕方ない。人間だもの。


セレブの皆さん、カッパ巻きパーティーをする際には、ぜひ参考にしてみてください。

で、カッパ巻きを好きになれたか

結局、キュウリの占める面積が小さくなればなるほどおいしく感じてしまった私には、カッパ巻きを考察する資格などなかったのかもしれない。

でも、これほどカッパ巻きについて考えさせられたのは初めてで、いい経験になったとは思う。おかげで、近所のスーパーから買ってきた鉄火巻きを、普段の数倍おいしく食べることができた。

カッパ巻きを特集しておいて、締めが鉄火巻き。…ここに私の心情を察していただければ幸いです。

いつの日か「カッパが好き」と言ってみたい

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation