デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
布一枚でゆかたドレスを

夏休み。
「花火大会までに、ゆかたを縫おうっと」と思って、布だけ買って、そのままほったらかし。
「やべ、どうしよ! ていうか無理!」なんて思っている方……いらっしゃらないでしょうか。
今回はそんなアナタにご提案。
「一枚や二枚の布を結ぶだけで、簡単に作れるドレス」をご紹介します。

いやあ、和風な生地で、前々から挑戦してみたかった「アフリカ式ファッション」をやってみたいなー、と思ったんでスよ。

(text by 大塚 幸代



んで、

用意しましたのは、ゆかた用っぽい生地。110センチ幅。

160センチの長さに切って、110×160の布を作ります。
これ、東アフリカのドレス用の布、「カンガ」のサイズ。
「カンガ」は、スワヒリ語で、ことわざ・人生の教訓・メッセージなどがデザインされているカラフルな布で、「赤ちゃんが生まれたらおくるみに、普段は身体に巻いてドレスに、死んだ時も亡骸を包む」という、東アフリカ女子の必須ライテムらしいです。

参考資料:『見る・つくる・知る おしゃれなアフリカ アフリカンドレス』(アフリカ理解プロジェクト編/明石書店刊)。
ほんとのカンガに書いてあるメッセージ例を見たら、
「マンゴーは熟した(機は熟した?)」
「ごたごたの絶えない友人より、パジェロのパンクのほうがまし」
「若さは煙のごとし、立ちのぼったら立ち返らない」
「人にはそれぞれ専門がある」
「影でひそひそ言うより面と向かって」
「自分のことも出来ないのに、他人の面倒をみられるの?」
などなど……おもしろいなあ。

 

■基本のトラディショナルスタイルに挑戦

まず布を横に広げ、ジュディ・オング状態に。

で、ええと、これを巻き付けるだけらしいんですが。

あ、あり? どうやるんだ!? 

まずかたっぽ、ワキにはさんで、

もう一方のハシを、はさみこむんで、出来たら片方もはさみこむ。

……これ、「風呂あがり」にしか見えませんね。


同じ方式で、腰に巻けばスカートに。

 

■ネックノット・スタイル

もうちょっと、服っぽく見える結び方を模索。

布を交叉して、首の後ろで巻く「ネックノット・スタイル」スタイルは、

一応、服っぽくなりました。

今回、撮影協力してもらった、ライター古賀さんにも着てもらいました。
「夏、な感じでお願いします!」とお願いしたところ、

ナイスなポージング! さすが当サイトいちのフォトジェニック娘。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation