デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
全長100メートルの深海魚

■撮り終えて

撮影手順もかなり面倒で解説しがいもあるのだが、おそらく退屈だろうから割愛する。こんな重装備でゴルフ練習場を撮るなど、と笑うがいいさ。愚かと分かっていてもやらねばならない時が人生にはある。そんなことばかりだけど。


現像が終わった4×5フィルムはこんな感じ。なんど撮影してもこの「写ってる!」という瞬間はたまらない。まあ、写ってるのはゴルフ練習場だけど。
左が普通の35ミリフィルム。広いフィルム面で圧倒的な情報量。まあ、写ってるのはゴルフ練習場だけど。
ライトボックスにかざす。扱うときは手袋をはめて指紋がつかないように。ていうか手袋汚い。いいか、写ってるのはゴルフ練習場だし。
4×5フィルムをスキャンするためだけに購入したこれまた特殊なスキャナーでスキャン。ボーナスがほとんどなくなります。

 

■捕らえた深海魚たち

というしちめんどくさい工程を経て撮った深海魚たちを以下に。(画像をクリックするとさらに大きくご覧いただけます)


上部のたわんだネットが深海魚っぽい。規模はそれほどではないが、ネットの張り方・柱のトラス具合など絵に描いたような「打ちっぱなし」感が楽しめる、打 ちっぱなしのマスターピース。中央やや右、トラス上部にある斜めの短いオレンジ色の線は星の光。露光時間が10分あまりだったのでこのように軌跡になっ た。あと手前の小屋を取り壊したい。

100メート級の大規模作品。繊細なトラス模様と右方向への大胆な傾斜がぐっとくるが、上部を覆うネットがないのが惜しまれる。深海魚度が低い。あと、撮影時はメンテナンスのため横のネットも降ろしている最中だったのが残念。もう一回撮りに行きたい。

かなり小ぶりなカジュアル深海魚。2種のライト色が幻想的な打ちっぱなし空間を演出。これも上部のたわんだネットがないのが残念。

今回もっとも美しかった物件。これまでと違ったやや複雑な構造が打ちっぱなし鑑賞の新時代を予感させる。上部のネットにはもうすこしただれた感じのたわみが欲しいところだが、規模の大きさといい全体としては文句なしの逸品。

いつにも増して自己満足度の高いものになりそうだったので、事前に編集長である林さんに相談したところ「ゴルフ練習場って面白いとは思ってました」との感想をいただいたので勢いづいて記事にしてしまった。「しまった」と思っていることだろう。

打 ちっぱなし鑑賞に目覚める読者がいることを願って綺麗に撮ることにこだわったが、そういう問題ではないような気もする。ただひとつ言えることはぼくは今後 もゴルフ練習場写真は撮り続けるだろう、ということだ。たぶんゴルフ練習場マニアのためのサイトとか作っちゃうと思う。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation