デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
オリジナルのポロシャツをつくる


初めての乗馬

先生にサポートしてもらい、まずはスティック無しでフィッツ・ロイに乗った。フィッツ・ロイは、背中まで1メートル45センチ程度らしいのだが、乗ってみると視界が高くてちょっと怖い。


フィッツ・ロイ、起動

先生に言われるがまま、手綱を前方に緩めフィッツ・ロイの腹を軽く蹴った。するとフィッツ・ロイはゆっくりと歩き始めた。

最初は常足(なみあし)という人が歩く程度のスピードで馬場を何周か回ってみた。途中、行きたい方向の指示とストップの指示も手綱でやってみた。フィッツ・ロイは賢い馬なので、乗っているのが初心者でもキチンと手綱通りに動いてくれる。凄く楽しい。


何ヨットスクールだ? という雰囲気の写真ですが先生は優しいです

だいぶ慣れた所で、いよいよスティックを持ってみた。


スティックを持った

スティックを持っても、フィッツ・ロイはちっとも物怖じしなかった。さっきまでと変わらず落ち着いている。

先生の指示を受け、ちょっと強めに蹴りを入れ速歩の指示を出す。人間でいうとジョギングくらいのスピードだ。


ウーララー!

ジョギングのスピードといってもかなり激しく揺れる。鞍にお尻が当たって痛いが、グッとこらえて何周か速歩した。

やっぱり楽しい。一瞬、ポロマークの事を忘れた。


ララー!

カメラを構えるスタッフからスティックの角度など指示を受け、思い出した。
そうだ、ポロのマークだ。

ふと我に返り、撮影モードに気持ちを切り替えた。

更に何周かして、沢山写真を撮った。その中で一番ポロのマークに似てたのが下の写真である。


僕なりのポロ

スティクと顔の距離、馬の角度、馬の前足の感じ、などなど、ディテールを見ると本家とは異なるが、馬の初心者にはこれが精一杯であった。

これを、ポロシャツに張り付けます。




< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation