デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
ベランダケバブのススメ

もうすぐ夏。
夏といえば屋外フェスティバル。
イエーイ! 夏と音楽とビール、最高!
……とか書いてみましたが、実は私は夏のロックフェスなんか、行ったことがないのです。
「好きなバンドで、屋外フェスに出るバンドいないしなー」とか、「結構お金かかるし、だったら海外旅行とか行ったほうがいいなー」とか、「途中で飽きちゃうだろうし、あんま体力ないしなー」とか、イロイロ理由はあるんですが、まあ単純に、「一緒に行こうよ!」と、友だちと盛り上がる機会がなかった、というだけかもしれません……。

で、やっぱり憧れはあるわけで。
ロックフェス常連の人にきくと「ケバブ屋台の、肉の焼ける匂いを嗅いで、ケバブとビールを食ってライブ見ると、フェス気分がすごい盛り上がる!」っていうじゃないですか。

じゃあせめて、ケバブだけでも作って、フェス気分になっちゃおうか!  と考えまして。
昨年夏に「はじめての野宿(ベランダで)」というのをやった、ウチのベランダで、ケバブフェスティバルを開催決定いたしました!!

(text by 大塚 幸代



今回用意した七輪、当サイトの企画、「七輪まつり」をやった時に使ったものでして。

ずーっとベランダに放置しておいたので、風化して、かなりボロボロ。

でもまあ……中側はシッカリしてるので、とりあえず大丈夫そうなので使用することに。

肉は、近所のスーパーで買ってきた、鶏ムネ肉、牛小間切れ肉。牛乳に一晩、つけておきます。

調味料は、レモン汁、オールスパイス、塩、こしょう。
オールスパイスはポピュラーな食材なので、そこいらへんのスーパーで、たいてい売ってます。コレ使うと、一気に「ケバブっぽい風味」なるので、重要です。
牛乳から肉を取り出したら、これらを肉にすり込みます。

適当な長さの金串がなかったので、ハリガネで自作してみました。

肉を、刺したり、巻き付けたりして、「肉のかたまり」っぽくします。
屋台で売ってるケバブも、最初からでっかい肉のかたまりを焼いてるんじゃなくて、薄切り肉を刺してかたまりにして焼いてるんだそうです。

七輪で火を起こします。……着火材を買うの忘れて、雑誌をちぎって火を付けて炭を燃やしたんですけど、結構ケムリが出ちゃって、「通報されたらどうしよううううう……」とビビりました。皆さんは着火材を忘れずに。


炭が焼ければ、べつにケムリは出ません。七輪って屋内の焼肉屋さんでも使ってるくらいだから、換気さえ万全にしてれば、安全な道具なんですよね。


でも一応、万が一の消火用バケツは用意。
肉をごろごろ、回転させながら焼きます。うーん、いい匂い。


焼けた、イエー!!

ウチに遊びに来てた友人・ニシさんが、切り分けてくれました。この大きさの肉だと、調理用ハサミが便利でした。
「肉、焼くのってすごい楽しい……テンション上がるわ〜」との御感想。

確かに炭で焼いた、焼きたて肉はウマイ。焦げ目のとこが特にウマイ!! ビールに合わないわけがない!!

ぐるぐる焼きつつ、こそげつつ食べて、

完食!!

■思ったよりカンタンでした

いやあ楽しかったですわ。この機会に「ケバ部」という部を発足して、冬の鍋大会みたいに「ケバ部大会」というのを定期開催したいな、と思ったくらいです。
ベランダケバブ、レコメンすます。超レコメンします。
気が向いたら是非おためしください。あ、換気&消火対策だけは、バッチリ気をつけておいてくださいね!!

微妙に連動企画:6月20日発行のフリーペーパー「MTV PAPER vol.58」に、「電子レンジで作る、裏技簡単ケバブ」のレシピを寄稿しました。七輪めんどくせえ、というかたは、そちらをご参照いただけたらとおもいまス!!


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation