デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
子供の頃流行った手遊びをやってみる

その2:けっこう手がこんでた

これはどうだろう。「偽パンでブローチ作り」だ。これは家で、おかあさんに頼んで、あまった粉や、卵の黄身をちょっとだけ分けてもらって作ろう!


材料の中で安全ピンが異様に光る。
適当な量の粉に適当に水を入れる。

耳たぶくらいの固さになるまで粉を調節し、こねる。今自分は真夜中何をしているんだろうと、ふと雨の中思ふ。

ああ、遊んでいるんだった。じゃ無心に練ろう。


懐かしい感触。そういや最近小麦粉こねてないな。
三角にしまして・・・。
右上の三角形を丸めて、クロワッサン風に!
バゲットにはカッターで切れ目を。

はっきりいって粉を練るのは面倒だ。クラスで見せびらかしたいだけのために、私はこんなことをしていたんだろうか。いたんだろうな。見せびらかしたいもんな。と当時の自分の気持ちにシンクロしながら、卵黄を取り出します。


卵黄を贅沢にですね・・・。
つや出し・雰囲気作りに使っちゃうわけだ。子供は。
後ろに安全ピンを埋め込みます。
これをトースターで5分から10分くらい、様子を見て加熱。

焼き色がついたら取り出してOK。さてどうなったでしょうか。

焦げ目がイマイチな感があるが、できあがり。

よく食品サンプルをストラップにしたり、ブローチにしたり、という商品を見かけるが、これはほぼパンの材料から出来ている、まさに「食品サンプル」だ。

黄身を塗って焼いたのでいい匂いがしてうっかり口に運びそうになるが、単なる小麦粉の塊を焼いただけである。子供のときもそんなことはしなかった。

さて、ブローチになっておりますので、つけてみましょう。


おお、裏もいい焼き加減。
何で胸にパンをつけているんだ。

こういうことにクラス中(主に女子)が夢中になっていた。ただ持続性はなく、ボンドマスコットもパンブローチも、いつ、どれくらいの期間流行ったかは覚えていないが、そんなにいつまでもブームじゃなかった気がする。

でも「ボンド固めて塗るだけ」「小麦粉練って焼くだけ」であんなに盛り上がれたものか、と、朝方近い今、単純なコドモパワーに呆然としている。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation