デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
棒の先に荷物を下げて歩きたい

家にあるものは、ダメだ

家のカーテンをひっぺがして持ってきた、このつっぱり棒。プラスチックで、いかにも荷物が滑りそうではあるが、さてやってみましょう。


長さをくるくると調節して、と。

重いことには変わりなし。 どんどん下がってくるし(マウスオーバーで下がってきます)

わざわざGifアニメにしてみたが、する必要なかったな。

次、傘。これは一度は 諸兄もやってみたことがあるだろう。この持ち手は、荷物を引っ掛けるためのものでもあったのだ。

だいいち、短くて持ちやすい。「実験」などと大仰に言っているが、もう結論は出ている気がさっきからしている。でもまだ続ける。


普通にやるぞ、これ今も。

エクササイズブレード。そう、真ん中を持ってブルブル震えさせ、トレーニングする、一時流行ったアレだ。うちに立てかけておいても、ときどきいきなり夜中にバターンと倒れたりする。つまりもう使ってないってことだ。


ブルブル。

みんな、もう予想はついてると思うけど、さあ吊るしてみよう!


土佐の一本釣りだ! 白鶴○(マル)!(すいません)
でも持ち手に引っかかって、ちょうどいい位置ではある

 

ここからは間違った例を紹介します

上右の写真のように、納まるところに納まれば、このまま東海道を歩いていってもいいだろう。

となると、長旅だ。女性グッズだけでは終点、三条大橋までの旅は厳しいぞ。寝袋を持っていこう。


竹に寝袋も。 Deuterの、「-2度」まで耐えられるシュラフだ!
笑っているがとても重いぞ。

今度は荷物を入れるバッグにこだわってみたい。

ヴィトンではどうだろう。結婚式用のミニバッグでは。リュックなのにわざわざ棒に、ってのはどうだろう。


LVMHに怒られそうだ。「棒の先につけるな!」って。でもこういう広告もいいんじゃないか?と開き直る。
パーティーシーズンには、ちょっと目立つあしらいはいかが?
提げずに、しょえ。
もう棒の存在理由がない。

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation