デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
街中の読めない字を見て、もだえる

●フリーダムにのびのびとした看板たち

  和食つながりということもあるのか、そば屋以外にも寿司屋の看板は気持ちを沸き立たせられるものが多い。


真ん中の三文字が怪しい

思わず車窓から撮った一枚

 寿司屋の場合、「寿司」という部分は多少くずしてあっても読める。ただ、それ以外の部分がわからない。

 意図的かどうかはともあれ、読ませないことで店への興味を喚起させることには結果的に成功していると思う。謎の字については全く読むことができず、打ちのめされる気持ちになるのが心地よい。


禅問答のような寿司屋

 シンプルながら最初の文字が読めない寿司屋。ちなみに「壽寿司」「斎寿司」「香寿司」ではない。

 というのは、この店の場合はこの看板以外に読みやすい字で表記してあるものがあったので、私は正解を知っているのだ。繰り返しになるが、この記事の目的はもだえることなので、正解についてはふれない。

 どうぞ思う存分もだえていただければと思う。もう答えを知ってしまっている自分がかなしいとも思う。


たぶんあれだと思うんだけど
見ているうちに自信がなくなってくる

 上の二点からはまた寿司屋とは別の物件。微妙にわかる感じで、でも完全には自信が持てないという線を突いてくる例だ。

 うーん、あの字だと思うんだけど、絶対にそうだという確信まではない。自分の思っているので本当に合っているのか。それを確かめるためだけに中に入って店の人に聞いてみたくなる。


じらし殺法と言ってもいい

 かなり微妙だ。「杉やま」だと思うんだけど、ほんとにそれでいいの?だとしたらなんで「ま」だけ微妙なの?遊び心出したかったの?「ま」だけ極端にへたくそな人が書いたの?

 ああ、たまんないよ。半端にわかってぐっと来る。


もう「さむら」ってことにしてしまえ
仮定すら立てられないKOっぷりが気持ちいい

 微妙なくずし方で迫ってくるものもあれば、一文字目からあきらめざるを得ないものもある。いざ店に入ったとしても、店員に店の名前を聞くというのは恥ずかしくてできないかもしれない。

 何かの拍子に店を名前を言うことを期待して耳をそばだててみたい。それも叶わなかったら、もう「さむら」でいいし、「『き』しかわかんない店」でいい。


フリーダム賞はきみに決定

 これで看板の全体。かなりの余白のあとに、謎のくねくね。

 遠くから見たときのなんだこりゃ度がかなり高い。店主もこれでは心配だったのか、よく見ると「おつ」とふりがなが書いているのがかわいらしい。

ふりがなにはぼかしを入れてみました

●わからないって素晴らしい

 テストの問題や仕事上の問題の解決策がわからないのはとても困るが、店の看板がわからないのはあんまり困らない。だからこそ、わからない喜びを純粋に謳歌できる。

 ああ、わかんねえ! たまんねえぜ!

 上の写真も、個人的にはふりがなが振ってなければ絶対に読めなかったという例。かなにはぼかしを入れておいたので、心ゆくまで思いわずらっていただければと思います。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation